ゲリラ豪雨の仕組みを解説!天気予報のある言葉で発生が予測できる?

暮らし

スポンサードリク






夏場は、今までとても天気が良かったのに、突然大雨が降るということがありますね。短時間でものすごい量の雨が一気に降る「ゲリラ豪雨」が年々増えてきているようです。

 

ゲリラ豪雨という言葉が普通に浸透していますが、本当は「局地的大雨」といいます。

急激に降る大雨に実際に出くわしてしまうと、とても困ってしまいますよね。ずぶ濡れになるのはもちろんですし、川の氾濫や道路の冠水等身の危険も迫ってきます。

 

ゲリラ豪雨ってどういった仕組みで発生しているのか気になりませんか?晴れていたのに急に大雨が降ってくるってどういうことなんでしょうか?

 

ゲリラ豪雨の発生には、実は巨大な雲である積乱雲が関わっているんです!積乱雲の発生、そこからゲリラ豪雨はどうやって発生するのかを今回はお伝えしますね。ゲリラ豪雨の仕組みがよく分かって勉強になりますよ!

 

ゲリラ豪雨に実際に出くわしてしまうと本当に大変です。前もってゲリラ豪雨の情報を知るためにはどうすれば良いのかもお教えしますね。

 

 

ゲリラ豪雨の発生の仕組み!積乱雲のでき方と特徴も知ろう!

スポンサードリク

年々夏の暑さは厳しくなっていますが、ゲリラ豪雨はその暑い時期に多く発生します。

ゲリラ豪雨を知るには、積乱雲を知る必要があります。

まずは、積乱雲の発生の仕組みを説明していきますね。

 

気温の高い日中、空気はあたためられ、そのあたためられた空気は上昇します。上空には冷たい空気があり、上昇したあたたかい空気と温度差が生まれます。冷たい空気は下に降りようとし、対流が起きやすくなり、積乱雲が発生するのです。

 

アスファルトやコンクリートに囲まれた都市部は、熱がこもりやすいです。熱がこもると、都市部の気温が周りより高くなるヒートアイランド現象がよく起きます。そのヒートアイランド現象も、積乱雲の発生しやすい条件の一つです。

 

次に、発生した積乱雲からどのようにゲリラ豪雨が発生するのかを説明しますね。

積乱雲にあたたかく湿った空気が吹き込むと、積乱雲は水分をどんどん含んでいきます。その水分が増えてくると、そのうち支えきれなくなってきます。そうなると一気に大雨が降る、これがゲリラ豪雨です。

スポンサードリク

 

これで、積乱雲、そしてゲリラ豪雨が発生する仕組みについて分かりましたね!

 

 

前もってゲリラ豪雨の情報を知るには?天気予報のある言葉に注目を!

ゲリラ豪雨は、狭い範囲に集中して一気に大量の雨が降ります。急な大雨に遭遇してずぶ濡れにならないように身を守りたいですよね。

ですので、ゲリラ豪雨に出くわさないように、前もって情報を知ることができれば良いですね。実は、ゲリラ豪雨の発生の予測は実際にはとても難しいのです。

 

しかし、そんな中でも「今日は怪しいかな」と注意することはできます。その方法とは、各地の気象台の天気予報でのある言葉に注意することです。

ある言葉とは、「大気の状態が不安定」や「天気が急変する恐れ」等です。

 

これらの表現方法が使われている時は、注意が必要です。傘を持って外出するのはもちろん、行動にも気を付けるべきだと思います。天気予報は絶対に当たるというものではないですが、参考にする価値はあると思います。

 

 

まとめ

暑さから、積乱雲やゲリラ豪雨につながっていくのですね。暑い時期は、常に危険があるということだと思います。地球温暖化も関係しているようなので、生活様式の見直しも必要だと思います。

 

私の住んでいる地域は、幸いにもゲリラ豪雨があまり発生しない地域です。なので、ゲリラ豪雨に出くわしたことが一度もないんです。でも、今後も一生ずっと安全かどうかは分かりません。

 

実際にゲリラ豪雨の被害が大きい地域は日本国内でもたくさんあります。ニュースを見ていると、被害の大きさにとても驚かされ、恐怖も感じます。

暑い時期は特に天気予報の言葉に注意して、ゲリラ豪雨にくれぐれも注意して下さいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!