アパートの退去費用は6年住むと変わる!安くなる項目と方法!

暮らし

スポンサードリク






今回は、

  • アパートの退去費用って6年以上住むとどうなる?
  • 退去費用はどのようにして決まるの?
  • 退去費用を抑える方法ってある?

といった疑問にお答えしていきます。

 

本記事では

①アパートの退去費用は最低6年間住むと比較的安くなる!

②退去費用が決まる2つの要素と相場

③退去費用を抑える2つの方法

といった内容で解説していきます。

 

 

アパートの退去費用は6年間住むと安くなる!でも床は自己負担に!?

スポンサードリク

最低6年間同じアパートに住んだ場合、6年未満住んだ場合に比べると退去費用は安くなります。

なぜなら同じアパートで6年間住むことで、故意に傷つけたり汚したりしたもの以外は経年劣化となるからです。

 

6年間住み続けた結果、経年劣化と見なされる設備費用は貸主負担となるということも、国土交通省のガイドラインにしっかりと記載されています。

 

具体的に経年劣化になるものはというと、以下のものなどが挙げられます。

・壁紙
・カーペット
・エアコン
・畳やクロスの日焼けによる変色
・インターホン
・壁の電気ヤケ
・画ビョウの穴
・カレンダーやポスターなどの跡
・自然災害によるガラスの損傷
・設備品の故障(耐用年数経過が条件)
・網戸
・鍵の取り換え

もう1度繰り返しますが、故意に傷つけたり汚したりしたもの以外ということをお忘れなく。

 

じゃあ「6年間住めば全てが経年劣化と見なされるの?」という疑問が出てくると思うのでお答えすると、全てが経年劣化と見なされるわけではありません。

なぜなら10年、15年以上経たないと、経年劣化と見なされないものもあるからです。

例えば以下のものは6年間住んでも経年劣化の範囲になりません。

  • 便器
  • 金属製の家具
  • フローリング

 

最低6年間同じアパートに住んだ場合は、経年劣化の対象となるものがあるので退去費用は安くなります。

ただし10年、15年と経たないと、経年劣化と見なされないものもあるのでご注意。

 

 

退去費用の決め手は2つの要素!年数や間取り別の相場も紹介!

退去費用が決まる2つの要素は以下です。

  1. 居住年数
  2. 部屋の間取り

 

居住年数は長ければ長いほど、部屋の間取りは多ければ多いほど、といった具合に退去費用は2つの要素に基づかれる場合があります。

具体的に請求される相場を2つの要素別に例を出してみます。

 [居住年数]      [退去費用の相場]
 3年以下       約¥50000前後
 4年~6年       約¥60000前後
 6年以上           約¥90000前後

  [部屋の間取り]      [退去費用の相場]
1K・1DK・1LDK    約¥50000前後
2K・2DK・2LDK        約¥80000前後
3DK以上の間取り      約¥100000前後

 上記の退去費用はあくまでも例ですので、目安として参考にして頂ければと思います。

スポンサードリク

普通に掃除をして丁寧に住んでいれば、莫大な退去費用は請求されません!

 

 

退去費用を抑える2つの方法!実は交渉も効果的で火災保険も使える?

立ち合い時に管理会社と退去費用を交渉

1つ目は管理会社の立ち合いの時に退去費用を交渉してみる。

立ち合いの時に「安くして下さい」とお願いすれば、安くしてもらえる可能性があります。

お願いすることによって、管理会社の担当の人が大目に見てくれるかもしれません。

お願いするかしないかの問題ですが、甘え上手に1度お願いしてみましょう。

 

私もマンションを引っ越す時に1度立ち合いを経験していて、ダメもとでお願いしたところ少しだけ退去費用が安くなりましたよ。

なので管理会社の立ち合いの時に、交渉次第で退去費用は安くなる可能性があるのです。

まあ言ったもん勝ちです。

 

火災保険を使う

2つ目は火災保険を使って退去費用を抑える。

 

火災保険は火事だけではなく、子供がモノをぶつけて壊してしまった家具類なども補償され、その他自転車の盗難や落下によるスマホ画面のひび割れなど、様々な補償をしてくれるのです。

もちろん条件によっては、家中の傷や穴、破損といった場合にも補償されます。

火災保険を申請することにより、結果、退去費用を賄える可能性があるのです。

 

実はこの火災保険を使えることを知らない人が結構います。

私もマンション退去の経験があるとお伝えしましたが、その時の退去費用はなんと、、、47万円!!!

 

旦那と子供3人と約6年間居住、壁には落書き、様々な所に傷や破損。

結構な額が請求されるのを想定はしていましたが、いざ請求された金額は遥かに想定を超えていました(笑)

 

敷金10万円を差し引いても37万円なので結構な額ですよね。

しかし旦那の提案で火災保険を申請したところ、なんと36万円の保険金がおりました!

実質、敷金10万円を除けば1万円の退去費用。

本当にあの時はありがとう。

 

ただしこの火災保険ですが、申請するための書類作成が非常に大変です。

  • 傷や穴、破損個所の写真
  • 被害理由

 

これを1つ1つの箇所ごとに書類を作成しなければいけません。

ちなみに私が退去時に作成した書類枚数は12枚!

とにかくかなり大変でした。

なので申請する箇所が多ければ多いほど重労働になります。

 

火災保険の書類作成は非常に大変です。

しかし申請すれば思いもよらない金額が、火災保険で賄われる可能性があります。

結果、退去費用を抑えることにもなるのです。

 

 

まとめ

本記事では

①アパートの退去費用は最低6年間住むと比較的安くなる!

②退去費用が決まる2つの要素と相場

③退去費用を抑える2つの方法

といった内容で解説してきました。

 

退去費用の支払いについての知識を身につけておけば、無駄な出費を抑えることができる可能性があるので、ぜひ自分自身で知識を深めてみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!