子育てストレスで頭痛!原因を押さえて上手に付き合い解消しよう!

暮らし

スポンサードリク






子どもが生まれて二ヶ月ほど経ったときに始まった激しい頭痛

最初は「まだまだ産後だし仕方ないかな~」と呑気な私でしたが、

子供がどんどん大きくなってもなかなか治ることはなく、

少し気になるくらいだった痛みも、だんだんと強くなっていったのです...

 

はじめは鎮痛薬でしのいでいたのですが、

そのうち子供の泣き声でも頭が割れそうになるくらい痛み、

常にそれが続いたりだるさも出るようになりました。

 

一日中なにもできずにボーッとしてしまうことが増えて、

「さすがにこのままではまずい」

「原因を探して今よりも少しでも改善しないと」

と思った私は、頭痛の原因と上手く付き合おうと思いました。

 

病院に行っても、子育て中だと「ただの疲れ」として

片付けられてしまうことも多い頭痛。

「ストレス」が原因と言われても、

具体的なことをなかなか教えてもらえず悩みました。

 

日常生活に支障を来すこともある頭痛...

できれば少しでも良くして、快適な毎日を送りたいですよね。

今回は子育てのストレスが原因で頭痛に悩まされた私が、

頭痛と上手に付き合えるようになった方法をお話しします。

 

割れそうな痛みや、頭のだるさ、無気力感と

戦っているママさんは必見です。

 

 

子育て中の夜泣きで睡眠不足!そんな悩みからくる頭痛の解消法!

スポンサードリク

子育て中、特に子供が小さいときは睡眠不足のストレスから

頭痛になってしまうことが多いと思います。

 

私も子供が小さいときは慢性的な寝不足で

それにストレスも重なり頭痛が悪化するという

負のループから抜け出せなくなってしまっていました。

 

「寝不足で頭が痛い」というと

大抵の場合は「寝れば?」と返されてしまいますよね。

 

子育て中は「自由に」「好きなだけ」「なにも心配せず」

寝ることなんて不可能に近いです。

私たちが知りたいのは

「寝不足でも頭痛がひどくならない方法」ではないでしょうか。

 

「寝不足は仕方ないけど、頭が痛いのも耐えられない」と思った私は、

睡眠不足のとき、頭痛を悪化させないためにできることを探そうと思ったのです。

そして見つけた方法をお話ししますね。


一つ目は、「携帯 テレビ パソコンを見ない」こと。

頭痛は目からくることが多いのでなるべく目を休めます。

 

今までは、子供が夜泣きで起きたあと

「どうせすぐ起きなくちゃいけないから」とネットサーフィンをしたり

テレビを見ていました。

けれどそれだと目を休める時間がなかなかできないことに気づき

「寝れなくてもいいから目だけつぶってよう」と思うように...

 

目をつぶって30分もすれば頭が自然もすっきりして

頭も軽くなったように感じました。

目をつぶるだけなら寝不足でもできますし、

隙間時間にも試すことができますよ。


二つ目は、「考え事をしない」ことです。

寝不足だと頭がうまく回らないのに、

余計なことを考えてしまいやすいです。

 

私は夜中に子供に起こされて眠れなくなってしまったときに

家計のことや、旦那に腹が立ったこと、将来のことなど

「それを今考える?」というようなことばかり考えてしまい、

頭痛が悪化していたと思います。

ただでさえボーッとしている脳みそをフル回転させて

余計に疲れてしまう感じです...

 

今では考え事をしてしまいそうになったら

なんにも考えないようにすることを心がけてます。

難しいときは深呼吸したり、外の空気を吸いにいったり、姿勢を変えたりして

気持ちをリセットしてみてくださいね。


頭痛がひどいときはただひたすらボーッとして

なにも考えずに時が過ぎるのを待ってみてるといいです。

スポンサードリク

 

私はそれで寝不足の時に、頭痛が悪化するのを防げました。

寝れないとき、中途半端に時間があるときは

ついつい考え事をしてしまうことが多いと思うので

気を付けてみてくださいね。

 

 

子育てのイライラで頭痛がするときは?子どもが言うことを聞いてくれない。。。

子供ってこちらの思うような行動はほとんどとってくれませんよね。

さらに、予測不能な謎の行動をとることも多々あります。

 

一日中付き合っているとついついイライラして

頭が痛くなってしまうことも。

私も子供の泣き声にイライラして、

子供に泣かれる度に頭が割れそうになっていました。

 

他にも「子供が言うこと聞かなくて頭が痛い」

「子供に怒鳴りすぎて頭が痛い」

「何をしても泣き止まなくて頭痛が限界」

と悩んでいる方は多いですよね。

 

「子育てはしばらく続くのだから、頭痛と子育てをうまく両立しなくては」

と思った私はこれら3つを実践しました。


◆子供にイライラして頭が痛くなったらその場を離れる

子供へのイライラからくる頭痛は、子供と離れなければ治りませんでした。

頭が痛いまま一緒にいても、余計にイライラして頭痛もひどくなり

良いことがなかったです。

 

なので、私は子供にイライラしたらトイレに5分間こもったり

ベランダに出て気分転換をしていましたよ。

戻る頃にはイライラも収まって、頭痛も軽くなりますから

試してみてくださいね。

 


◆大きな声を出したり感情的にならないようにする

頭痛がひどいときに大きな声を出してしまって、

余計に悪化するということも良くありますよね。

感情的になってしまって頭に血がのぼって、頭が痛くなったり..。

 

なので、大きな声を出しそうになったりカッとなったら、

大きく深呼吸して怒りすぎを防いでみると、

怒りから頭痛が起こるのを防ぐことができました。

 

頭に血が上る前に気持ちをコントロールするのがポイントです。

 


◆子供へのイライラを引きずらない

もしかしたら、これがイライラからくる頭痛を悪化かせないための

一番重要な方法かもしれません。

 

私は一度怒ってしまうと、イライラを沈めるのに時間がかかるタイプ。

思い出してはイライラし、怒りの内容が頭から離れませんでした。

常に嫌な気持ちを思い出しては怒るのはとても疲れます。

 

なので、「子供のやることだし仕方ない」

「今日も元気なだけでOK」と思うように気を付け

子供への怒ったあとのイライラを引きずらないようにしました。

そうすると大きな悩みの種が減って

いい意味で子供をほっておけるようになったので

ストレスが減り頭痛も軽くなりました。

 

子育て中は子供にいっぱいいっぱいになってイライラしがちですよね。

少し気楽に考えるだけで、ストレスからくる頭痛も和らぎますよ。

 

 

まとめ

今回は子育てのストレスが原因の頭痛とのつきあい方をお話しました。

 

頭痛は体質もありますし日々の疲れも反映するので、完治させるのは難しいです。

 

こまめに病院に通うのも子育て中は厳しいところ...。

だから子供へのイライラを感じたときの対応や、

寝不足の時の過ごし方を工夫することで、

上手に頭痛と付き合っていくことが大切になりますよ。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!