主婦の家事時間を減らそう!効率よくする方法を紹介します!

暮らし

スポンサードリク






主婦にとって家事は仕事で、悩みの種でもありますよね。

家事の悩みの代表的なものって、

・毎日休めることがない

・何だかんだ時間を取られる

・いかに効率よくこなせるか

の三点ではないでしょうか。

 

私は旦那と二人暮らしのときはそれはそれは主婦を満喫していました。

朝起きて、洗濯掃除機朝ごはんを一時間ほどで済ませ、

そこから夕方まではダラダラ自由時間...。

夕方になったらお風呂を洗って沸かして、夕飯作りをして

これも二時間かからず終わっていたんですよね。

 

そんな楽勝主婦の毎日は子供が生まれたら一変!

なんだか一日中家事をしている感覚で休みなし...

「家にいるのにどうしてこんなに忙しいの?」と疑問でした。

子供のことが増えたと言っても子供の服はかさばりませんし

子供と旦那では旦那の方が明らかに部屋を散らかします。

「どうしたら少しでも楽になるの~」と悩むうちに、

家事をする時間を見直すことと間取りを考えることにたどり着きました。

 

ということで、家事の時間に悩んだ私の経験をもとに

今回は子供がいる主婦が少しでも家事を楽できる方法をご紹介していきます。

「毎日毎日やることが多くて疲れた!」

「なんでもいいから楽したい!」そんな方は必見です。

 

 

家事時間を減らすために家を分析!効率的な間取りを作ろう!

スポンサードリク

「どうしてこんなに家事が大変なの」と悩んでいた私ですが

理由は子供が生まれただけではなかったのです。

 

子供が生まれると同時に中古の家を購入したので、

アパートのときと間取りが全然違ったのです。

ここでいう「間取りが違うから大変」というのは、

広くなったから大変というわけではなくて、

家事がしにくい間取りということで、まずはそこを改善しないとと思いました。

 

一番ストレスだったのが洗濯物だったので、

私が洗濯をしやすい間取り作りで気を付けたことを紹介しますね。


◆洗濯物の動線を作って洗濯物を楽にする

アパートのときはワンフロアだけで、すべての家事がすんでいましたが

一軒家になってからは一階で洗濯物を回し二階で干す生活...

 

子供がぐずると中断せざるを得なくなり大変でした。

あとは何よりいったり来たりするのがめんどくさかったです。

 

そこで考えたのは一階に洗濯物を干す作戦。

最初はお風呂に夜洗濯物を回して干すようにしていました。

乾燥機をつけなくても、換気扇を回して窓を開けておけば

生乾きにもならずにしっかり乾きました!

これで大分移動のストレスが軽減されたのです。

 

本当はウッドデッキがあればいいと思うのですが、

なにせお値段に手が届かないので...

今は庭に固まる砂を自分でまいて土台を固めて

物干し竿を設置して干せるようにしました。

なんだかんだお風呂の方が楽なのでお風呂に干すことが多いですけどね(笑)


・取り込んだ洗濯物を置くスペースを作る

洗濯物をしまうのって面倒ではないですか?

せっかく畳んでしまっても、またすぐに着られて洗濯の繰り返し...

なので畳むのをやめようと思いました!

スポンサードリク

 

そこでリビングに取り込んだ洗濯物をそのまま置けるBOXを設置。

深めのラウンド型の入れ物を用意して、旦那と私と子供の分で分けました。

小さめのバケツ型の入れ物には靴下や下着などの小物を...

隣には、上着かけを設置してハンガーをかけておきました。

 

そうすると1階で干し終わった洗濯物をそのまま入れるだけ。

しわになりそうなものだけはハンガーにかけておくことができます。

外から見て見えませんし、来客のときは2階にあげておくことも可能。

おしゃれな入れ物にしたので、インテリアとしても違和感がありません。

 

洗濯物を置くスペースを作ることで、洗濯物を畳まなくても

よくなりました。


 

 

全ての家事の平均時間を短縮!30分で区切って効率化する!!

家事の平均時間を短くするために実行したのが、

すべての家事を30分で区切ることです。

細かい家事はいくつかセットにして30分で区切ります。

 

現在の私の一日の家事で見てみると

・朝食作り、掃除機

・洗濯物干し

・風呂トイレなど水回りの掃除

・昼食作り 夜ご飯仕込み

・洗濯物取り込み お風呂準備

・夜ご飯の支度

・片付け シンクの掃除 ゴミまとめ

に分けられます。

7つに分けているので時間にして3時間半。

前まではついダラダラしてしまって時間がかかってしまっていたので

30分でやると決めると、てきぱき動けるようになり

効率的に家事ができるように考えられるようになりました。

 

また、30分で区切ることで時間が読みやすくなって

子供と出掛けたり、いつもと違う予定の日も慌てずに

すむことが増えたのです。

 

以前は「あれもやらなきゃ~」「あっ、そうだこっちも」

と家事をしながら気が散ってしまい中途半端なことが多かったのですが

家事を区切ることで「今は掃除をする30分!」と決めて動けるようになり

集中して取り組めるようになりました。

 

一日の家事をリスト化することにもなるので、

優先順位なども見直す機会になりますから是非試してみてくださいね。

 

 

まとめ

今回は、家事を少しでも楽にするために私が実践した方法をご紹介しました。

間取りに関しては少し勇気が要りますし面倒ですが、

ガラッと変えることによって一気に自分にとって効率のいい動きができますよ。

 

うちは主人が間取りを変えるのにうるさかったのですが

「じゃあちょっと手伝って~!」と言ったら

なにも言わなくなりました(笑)

 

是非参考にしていただいて、少しでも楽チンな毎日をすごしてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!