キッチンの掃除の仕方!油汚れはセスキ炭酸ソーダも使って!!

暮らし

スポンサードリク






以前にも書いたキッチン周りの掃除、

今回はまた別に編み出した方法を紹介しますね!

 

さて、キッチンを綺麗に掃除の仕方って、ご存知でしょうか。

取り急ぎ、キッチンの汚れをサッとふいて終わっていませんか。

汚れがひどくなってから、慌てて掃除をすることもありますよね。

 

私も、キッチンの汚れがひどくなってから掃除をしていました。

コンロ回りにこびりついた油汚れを、必死でこすり取ったものです。

正直、キッチンの掃除は力がいるので、ずっと苦手でした。

 

セスキ炭酸ソーダって、聞いたことありませんか。

実は、セスキ炭酸ソーダも、メジャーな重曹と肩を並べるくらい、楽になるんです。

私の掃除はこれまで、以前に紹介した中性洗剤での超カンタン方法のみでした。

https://indigotokuro.com/196.html

 

セスキ炭酸ソーダと重曹、どちらも天然素材のアルカリ剤です。

焦げ落としや油汚れ、水垢にも効果があると言われています。

100均ショップやホームセンターで買うことができるんです。

 

キッチンの汚れは、主婦にとっては悩みのタネです。

毎日の家事や仕事で、キッチン掃除まで手が回りませんよね。

 

でも、忙しいからと、キッチンの掃除をしなかったら、大変です。

コンロ回りには、油汚れがいつもベッタリと付着しています。

流し台には、ヌメリやカビが発生するかもしれません。

 

食事を作るキッチンは、いつも清潔にしておきたいですよね。

今度こそ、キッチンの悩みを解決しませんか。

 

 

キッチンの油汚れを落とす!原因とセスキ炭酸ソーダでの掃除の仕方!

スポンサードリク

キッチンの汚れの代表は、やっぱり油汚れですよね。

特に、コンロ回りや換気扇の油汚れは気になります。

 

油汚れを退治する前に、汚れの種類と簡単な掃除方法を

紹介しますね。

 

キッチンの汚れは、おもに3種類あります。


1つ目は、ホコリ汚れです。

食器棚や引出し、食品ストッカーの棚に発生します。

消毒用エタノールでふき取りましょう。

汚れを簡単に落とし、除菌もできるのでおすすめです。


2つ目は、水垢とカビ。

水垢やカビは、流し台や排水溝、食器洗い乾燥機周辺に発生する、

キッチンの汚れの代表の1つです。

流し台の中に水垢やヌメリがあれば、不衛生ですよね。

 

古歯ブラシに食酢かクエン酸溶液(濃度5%目安)を付けて、

カビが発生した箇所をこすりましょう。

古歯ブラシがなければ、布でも構いませんよ。

但し、鉄製は錆びやすいので、控えて下さいね。


3つ目は、油汚れです。

油汚れは、コンロ回りや換気扇、壁や天井等に付着しています。

料理中にはね飛んだ油や油煙が、キッチン中を汚します。

油煙とは、調理中に発生する微細な油の粒子のこと。

スポンサードリク

 

キッチンの汚れの中でも、特に気になる汚れですよね。

私も、油汚れが一番苦手です。

油汚れは、なかなか落ちないので、本当に困ります。

 

ここで登場するのが、「セスキ炭酸ソーダ」です!

キッチンの油汚れに対する掃除方法について解説しますね。

 

用意するものは、

・セスキ炭酸ソーダ水スプレー

・古歯ブラシあるいは雑巾

以上になります。

 

セスキ炭酸ソーダ水とは、セスキ炭酸ソーダを水で薄めたもの。

セスキ炭酸ソーダは、100均ショップで購入することができますよ。

実は、私も100均ショップで買いました。

 

セスキ炭酸ソーダ水の作り方を紹介しますね。

スプレー容器に、セスキ炭酸ソーダを小さじ半分入れて下さい。

250ccの水道水をスプレー容器に注ぎます。

スプレー容器を振って混ぜれば、完成です。

 

そしてお掃除!

セスキ炭酸ソーダ水を、油汚れのひどい箇所に吹き付けます。

吹き付けた後は、5分程放置しておきましょう。

しばらくしたら、吹き付けた箇所を古歯ブラシでこすって下さい。

油汚れを簡単に取ることができますよ。

 

セスキ炭酸ソーダは、油汚れに効果があります。

但し、アルカリ性が強く、直接触ると肌荒れの可能性があります。

使う時は、ゴム手袋を必ず着用しましょう。

 

 

まとめ

キッチンの掃除の仕方について紹介しました。

参考にして下さいね。

 

キッチンの掃除がやっぱり苦手な方に、少しだけ気持ちのアドバイスを追加しますね。

『毎日の調理でキッチンが汚れるのは当たり前と、開き直ってやりましょう!』

 

家族のために、毎日使っているキッチン。

調理すればするほど、油汚れや焦げが付くのは当然です。

キッチンの汚れは、調理を頑張っている証拠と思いましょう。

私も、開き直ってから、キッチンの掃除が楽になりましたよ。

 

子供さんと一緒に、キッチン掃除をするのも良いでしょう。

普段と違うキッチンを見て、子供さんも楽しく手伝ってくれますよ。

子供さんに手伝ってもらう時、ゴム手袋を付けさせて下さい。

子供さんの皮膚は大人よりも弱いため、気を付けて下さいね。

 

子供さんの成長した姿に、家事の疲れも癒されることでしょう。

毎日の家事で忙しいでしょうが、焦らずコツコツ掃除して下さいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!