歯ブラシの効果が落ちないベストな交換頻度とその理由とは!?

暮らし

スポンサードリク






毎日使う歯ブラシは消耗品ですが、

どのくらいの頻度で新しいものに変えていますか?

 

思いついた時や気づいた時に

変えている方もいるかもしれません。

 

実は、歯ブラシにも寿命があり、

その時期は意外と短いうえに、

そのまま使っているとむしろ歯に悪いんですよ。

 

今回は、

「歯ブラシのベストな交換頻度」

について紹介します。

 

 

歯ブラシは見た目より意外と消耗しており寿命は短い!?

スポンサードリク

歯ブラシの寿命はなんと1か月なんです。

正直、「そんなに短いの?」「まだ使えるよ…」

と驚きますよね。

 

また、歯ブラシの交換といっても、

「そんなの毛先がよれたらでいいんじゃないの?」

と思う方も多いでしょう。

 

しかし、毛先が広がる以外にも

交換しなければならない理由があるんですよ。

 

まずは、1か月で歯ブラシを交換する理由についてお話します。

 


◇毛が抜ける、折れる

歯ブラシは使っていると毛先が広がるだけでなく、

抜けて減ってしまったり、毛先が折れてしまいます。

 

そうすると、せっかく磨いても

汚れが落としきれず、

意味がなくなってしまうんですよ。

 

むしろ、歯ブラシの形が変わってしまったものは、

磨いているうちに歯や歯茎を傷つけてしまうんです。

 

きれいにしたいのに逆に傷つけてしまう

可能性があるなんて驚きですよね。

 


◇菌の付着

歯磨きとはもともと、

たくさんの菌を落とすためにしていますよね。

 

いくら毎回きれいに洗っても、

根元には菌が付着しています。

そのままにしておくと、

どんどん菌が繁殖してしまうんですよ。

 

薬剤による除菌や殺菌、

熱湯での消毒をしてもいいですが、

毛先はどんどん傷んでいくので、

だったら定期的に交換した方が楽ですよね。

 

普段は歯磨きが終わったら、

しっかり洗って乾燥させ、風通しのよい場所で保管させつつ

定期的に歯ブラシを交換した方が衛生的です。

 

歯ブラシをいちいち消毒していたらめんどくさいですもんね。

 


◇毛先の弾力性

ずっと同じものを使っていると、

毛先の特有の弾力性がなくなってしまいます。

 

これも、清掃能力が落ちるだけでなく、

歯と歯茎を傷つける原因になります。

 

もちろん、1か月経っていなくても

毛先が開いてきたら交換した方がいいですよ。


 

ですが、すぐに毛先が広がったり、傷んでくる場合は、

磨くときの力が強すぎるのかもしれません。

 

そんなに力を入れてなかったり、

虫歯ではないのに知覚過敏の症状がある場合は、

歯ブラシが合っていない可能性もあるので、

自分に合った歯ブラシを見つけてみてください。

 

いつも歯ブラシの交換時期を逃しちゃうあなたはルーティン化しよう!

1か月に1本変えるといわれても、

スポンサードリク

家事に追われていると忘れてしまうことが多いですよね。

 

私もめんどくさがりなので、

「明日でいいや…」とか「ストック買ったらでいいかな」

などと延ばして忘れることが多々ありました。

 

ですが、ルーティン化してからは、忘れることがなくなりましたよ。

私が実践した方法をお教えします。

 


◇歯ブラシはまとめ買い

私が忘れる一番の原因はストックの買い忘れでした。

 

ドラッグストアに行ったときに

覚えていたら買うくらいだったので、

後回しになっていました。

 

そこで、ネットのセールでまとめて買うことにしました。 

ネットのセールは定期的に行われていて、

私はそこで毎回なにかしら買うので、

お気に入りに登録してセールの間隔にあわせた数を買うことにしました。

 

買い忘れはなくなりますし、家に届けてくれるので、

変えようという日にすぐ変えることができました。

 

みなさんも、ストックを切らさないように

自分の忘れない方法でまとめ買いしてみてください。

 


◇缶ごみの日に交換

最初は月初の1日を交換の日に

しようと決めていたのですが

「先月2日くらい遅れて変えた気がする…」

と変なところで真面目な私は

結局変えるのを延ばして忘れていました。

 

2、3日遅れても変わらないんですけどね(笑)

1日と日付で決めると忙しい日などに忘れてしまうので

私には合っていなかったようです。

 

そこで、月に1度しか来ず必ず定期的にきて

私が行動に移す日を考えました。

 

私の住む地区は缶ごみの日が月に1度で

旦那がビール好きなので私は必ず朝ゴミ出しに行きます。

 

なので、ゴミ出しから帰ってきたら

歯磨きをしてその時交換というようにしました。

 

そのように決めてから、

私は確実に交換できるようになりました。


 

もちろん、歯ブラシを変える日というのを作って

行動に移せるのならそれでも良いと思います。

 

ただ、新しい習慣で歯ブラシのための日を

覚えていられないのであれば

別の既にある週間に結び付けた方が

行動しやすいのではないでしょうか?

 

 

まとめ

歯ブラシを交換する頻度は1か月で1本!

 

歯ブラシを交換する理由は

「毛先の傷み」

「菌の付着や繁殖」

「毛先の弾力性の低下」

 

オススメのルーティン化方法は

「ネットでまとめ買い」

「月1の別の用事に合わせて交換」

 

今回は、「歯ブラシのベストな交換頻度」を

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

歯は一生ものなので、大切にしなければいけませんよね。

自分に合った方法で確実に

歯ブラシ交換をするようにしてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!