実はあまり知らない!レシートと領収書の違いは目的や用途で変わる!

暮らし

スポンサードリク






会社で働いていたりすると、

職場で使う備品を買ったときって、

「経費で精算するのでレシート忘れないでね!」

「領収書もらってきてね」

なんて言われますよね。

 

私はバイト時代に「領収書もらってきて」といわれ、

「なるほど、こういう時は領収書をもらえばいいんだな。」

なんて勉強になったと思っていました。

 

しかし、別な職場にいって同じようなことがあり、

得意げに領収書を渡したら、

「レシートがよかったのに~」

と言われてしまった経験があります。

 

え、領収書じゃだめなの?

と思い訳が分からなくなりました!

 

その後、『領収書とレシートの違いは何だろう』と

追求した結果、驚くべき?!事実が判明しました!

 

今回はレシートと領収書の違いを解説していきます!

 

 

レシートと領収書の違いを解説します!

スポンサードリク

レシートと領収書って

みなさんは何が違うと思いますか?

 

実は、レシートと領収書の明確な違いはないんです!

え、そうだったの?という感じですよね。

 

会社の備品など、そこまで高くない金額なら

レシートでも経費の証拠として大丈夫なようです。

5万円を超える金額だと、

収入印紙を貼る必要があるようで、

領収書の信憑性が上がります。

 

領収書は、不動産の売買など

高額になるほど使われるので、

一般的な経費の精算はレシートで十分なんですよ。

 

税務上取引の証拠になる領収書は

「取引の生年月日」「取引相手の名前」

「取引の金額」「購入したものの名前」

の記載が必要です。

 

最近のレシートは、

昔と比べるとこれらが

記載されていることが多いですよね。

 

むしろ、領収書よりもレシートのほうが

信頼性は高いということになります。

レシートは印字されて発行されるので、

あとから変えたりというのができないですが、

手書きの領収書だと、金額を書き換えたり

できるので筆跡を確認される場合もあるようです。

 

そう考えると、

レシートって結構優秀ではありませんか?

 

一般的には領収書が必要という固定概念に

とらわれている方が多いかもしれませんが、

レシートのほうがいいという場合もあり

私は過去の「レシートがよかったのに~」

というセリフに納得しました。

 

レシートって全部細かく買ったものが表示されますよね。

 

領収書だと【〇〇代として】など、

スポンサードリク

結構ざっくり記載のときがありますが、

レシートだとなにを買ったかちゃんとわかるので

不正を防げますよね。

 

そんなことにも役立っている気がします。

 

「レシートももらって来ればいいじゃん」

と思いますが、どちらも渡してしまうと

二重計上の可能性が出てしまうので、

渡さないようにお店では言われているはずです。

 

私がバイトしていたコンビニでもそうでした!

領収書をだしたレシートは一日保管していましたよ。

 

 

レシートか領収書のどちらが必要かは会社や場面によって変わる!?

レシートは領収書と同じく有効であると分かりましたが、

私も経験したように会社によって

レシートか領収書かは異なるようです。

 

昔からの習慣であること。

レシートの印字が消えるかもしれないということ。

誰が払ったか分からないということ。

という点から、会社によってはレシートではなく

領収書が必要になる場合もあります。

 

私みたいに得意げにならず、

しっかりと確認を取ってから

買い出しに行ったほうがいいですよ(笑)

臨機応変に対応していきましょう!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

レシートと領収書の違いってほとんどなかったんです。

 

むしろレシートのほうが

税務上効果を発揮することもあります。

 

これは技術が発達して

昔よりもレシートが進化しているおかげかも

しれないですよね。

 

私が小さいころにおつかいに行ったときに

もらったレシートは今のように細かい商品名や

名前は記載されていなかったです。

 

ですが、会社の規則で決められたルールには

きちんと従って経費を精算しないといけないので、

自分の会社はどうなっているのか

確認してみてくださいね!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!