暖房の設定温度の目安からちょっとした工夫でエコに繋げる方法!

暮らし

スポンサードリク






寒い時期に欠かせない暖房。

皆さんは、暖房の設定温度を

気にしたことはありますか?

 

私は節電対策でいつも気にしています。

 

ただ、暑すぎず、寒すぎない適温って

何度くらいがいいのでしょうか。

 

私が以前いた職場では、みんな寒がりだったせいか、

事務所の暖房が30度!なんてことがあり、

暑がりの私にはとても辛かった思い出があります(笑)

 

お客様がいるフロアは節電対策で24度ほどでしたが、

「お客様へ節電対策しているなら

あなたたちもしたらどうなの?」

ととても驚きました。

 

今回は、暖房の設定温度についてご紹介します。

 

 

暖房の設定温度はエコを目的に環境省で定められている!

スポンサードリク

 

環境省で定められている暖房の設定温度は、

20度とされています。

 

私の家の設定温度も20度です。

冬は暖房と寒いときにストーブを

入れるくらいにしています。

それでも少し寒いかな?というくらいです。

 

環境省の設定している温度は低すぎる

という意見も多くあるようです。

 

たしかに、部屋の広さによって

温まり具合も違ってきますよね。

 

オフィスの空調は高い天井に

付けられている場合も多く、

20度だとなかなか足元まで暖かくなりませんよね。

オフィスなど広い空間では、

24~5度に設定しているところが多いようです。

環境省の暖房の設定温度はあくまで目安、

ということになりますね。

 

 

暖房の設定温度を目安に近づけるための電気代節約術をご紹介!

環境省の設定温度は20度でしたが、

場所によって変わってきますよね。

 

適温にするには何度がいいのでしょうか。

一般的な家庭の平均温度は

23度といわれているそうです。

みなさんの家ではどうですか?

住む地域や、部屋の広さによって

この温度が適温!とは定められないですよね。

 

私の以前の職場の30度は

やはり高すぎるということが分かります(笑)

スポンサードリク

 

設定温度を低くして節電をしたい、

という方もいるかと思います。

 

エアコンの温度を1度下げるだけで、

10%も電力を削減できるといわれていますよね。

 

暖房にあることをプラスすることで、

部屋を暖かくする方法もあるんですよ。

そんな便利な方法をご紹介します!

 

▼加湿器を使う

私も使っているのですが、加湿器を使うことによって、

湿度を保てるようになります。

 

この湿度によって、

私たちの体感温度は室温を1度下げても

変わらないように感じるんです。

 

さらに寒い時期に蔓延する

ウイルス対策にも役立ちます。

 

空気が乾燥していると、

私たちの粘膜の機能が低下して、

感染しやすくなってしまうんです。

 

湿度は50~60%が丁度いいといわれています。

50%以下なら加湿器はおすすめですよ。

 

加湿器の電気代も節約したいなという場合は、

濡れたタオルをハンガーにかけおくだけでも

効果があるので試してみてくださいね。

 

 

▼暖房の風向を変える

みなさんの暖房の風向は上向きになっていますか?

上向きになっているのであれば、

下向きに変えてみましょう。

 

角度は60度くらいが暖かい風が

しっかりと足元まで届くようになります。

 

思ったより下向きだなと思った方、

60度以上の角度になると、

暖かい風が舞い上がって拡散されてしまうので、

あまり暖かさを感じやすくなくなってしまんです。

上向きにしていた方は、すぐできるのでお試しくださいね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

暖房の設定温度は、環境省は20度。

一般的な平均が23度ということでしたが、

みなさんのおうちはこの温度に近かったですか?

 

温度を1度下げるだけで、年間1400円も節約ができます。

ぜひみなさんも暖房の設定温度を見直してみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!