シングルマザーの家庭は貧困で辛い?幸せで楽しい我が家の体験談!

家族

スポンサードリク






今、日本では3組に1組が離婚をする、といわれています。

その分、シングルマザーやシングルファザーの方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私はシングルマザーの家庭で育てられました。

その体験をもとに、子供目線から見た

「シングルマザーの家庭は幸せか」

という話をさせていただきます。

 

 

シングルマザーの家庭は家族の距離が近くなるから幸せで楽しい!

スポンサードリク

 

まず、結論から言うとシングルマザーの家庭は幸せです!

もちろん苦労もありますので、それを含めてお話しします。

 

母がシングルマザーになったきっかけは「離婚」です。

私が小学生の頃、両親は離婚しました。

それまで母は専業主婦をしており、結婚前までは事務職。

特別な資格等は持っていませんでした。

 

なので、まず母がとった行動は資格を取り、私達兄弟を養う準備です。

介護職をするため数ヶ月学校に通っていた記憶があります。

 

そして、母が働き始めると今までとは違う、

鍵っ子の生活が始まりました!

 

専業主婦の頃は学校が終わると必ず家には母がいました。

なのでそれがなくなった寂しさはありましたが、

私にはそれ以上に嬉しかったことがあります。

それは「母の笑顔が戻ったこと」です。

父がいた頃とは違い、母はよく笑うようになりました。

慣れない仕事や家事育児に追われ大変だったとは思いますが、

表情がかなり明るくなったのです。

 

子供ながらに母が笑うようになったこと、

家庭がギスギスしていないこと、

そんな当たり前のことがとても嬉しかったことを覚えています。

 

もし、シングルマザーで子供は幸せなのか?

と悩んでいる方もいると思います。

でも、大丈夫です。

子供はお母さんが笑顔でいることが何より幸せです。 

無理をせず家族が笑顔でいられる環境を作ってくださいね。

 

 

シングルマザーの家庭は少なからず貧困でつらい!苦労をご紹介!

幸せも感じる、家族との生活。

その中でも私達兄弟には苦労もありました。

一番大変だったのは、お金がない!ということです。

スポンサードリク

父がいた時に比べ、我が家はかなり貧乏に…。

 

高校生になると自分の学費を稼ぐ為に、アルバイトに勤しみました。

友達は遊ぶお金の為にアルバイトをしていたので

心底、羨ましく感じたのを覚えています。

もちろんお小遣いはないので、アルバイト代で学費、お小遣い、

それに加え家に生活費を入れていました。

 

大学進学は、奨学金という手もありますが、

アルバイトとの両立を続ける自信がなく、就職をすることに。

就職してからは家に入れる生活費を出す余裕も生まれたので

かなり楽になりました。

 

こうみると、シングルマザーは貧乏でつらいのでは?

と感じると思います。

でも私自信はそこまでつらいと思ったことはありませんでした。

家族の仲がかなり良かったので、

母を助けることに対し疑問はありませんでしたし、

たまに家族で行く外食がとっても幸せだったからです♪

 

このように、周りが思っているより

シングルマザーの家庭は不幸でも悲しくもないんです。

一番大切なのは家族仲良く暮らすこと♪

そう思っています。

 

ただ、大人になった今でも

「お父さんはいくつ?」「何してるの?」

と聞かれることもあり、

いないと答えると変な空気になってしまう…と思って

「◯◯歳です〜」なんて答えてしまうこともあります。

やはり世間から見るシングルマザーは

まだまだ印象は良くないと身を持って経験したので

深い仲ではない方には違和感を感じられないような

答えをしてしまいます。

 

なんだか、難しい問題ですよね。

幸せだけど、不幸だと思われてしまう…。

そんな偏見が徐々にでもなくなればいいなと思います。

 

 

まとめ

今回は私の人生体験をもとに

「シングルマザー家庭は幸せか!?」

という問題をお話しさせていただきました。

 

これからシングルマザーになるかもしれない方、

シングルマザーで子供が幸せか不安な方、

身近にシングルマザーがいてそういう状況の方をもっと知りたい方、

そんな方々に少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

 

お母さんは立派です。

恥ずかしいことはありません。

シングルマザー家庭でも幸せだと堂々とすること、それが大事ですね。

スポンサードリク






スポンサードリク






家族
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!