郵便やゆうパックは当日に再配達できる?時間と依頼方法をご紹介!

暮らし

スポンサードリク






郵便局の再配達って便利ですよね。

 

私は仕事で家を空けている時間に配達が来ていることが多いため、

よく再配達を利用します。

配達員さんには申し訳ないなと思いながらも、

よくお願いをします(笑)

 

頼んだものって、できるだけ早く欲しくなっちゃいますよね。

できればその日のうちに受け取りたいけど、

当日の再配達って可能なんでしょうか?

 

願いは叶うのか、今回は郵便局の再配達について

詳しく解説していきます。

 

 

郵便やゆうパックで当日の再配達が依頼できるのは17時まで!

スポンサードリク

 

当日の再配達が可能な時間は17時までに依頼とされています。

17時までに再配達の連絡ができる場合はしてみましょう!

 

17時を過ぎていてどうしても今日中に荷物を受け取りたい

という場合は管轄の郵便局に直接連絡してみてください。

配達員さんがまだ配達中だったら届けてくれる可能性もあります。

管轄の郵便局に荷物が戻されていて、

郵便局がまだやっている場合であれば取りに行くこともできますよ。

 

郵便局によっては24時間受け取りも可能みたいです!

自分の地域の郵便局は何時までやっているか確認してみてくださいね。

 

 

郵便やゆうパックの再配達の時間指定!電話からLINEなどの依頼方法!

再配達の受付方法はいくつかあります。

 

私がよくするのは、電話をして音声ガイダンスに従って

配達の日時や時間を指定する方法です。

 

17時を過ぎると当日の受付はできなくなります。

17時を過ぎていた場合は直接ドライバーさんに連絡をしてみましょう。

 

他に、受取先を変える場合は、はがきを投函する方法があります。

郵便局の不在票ははがきになっています。

そのはがきを送りたい住所を書いて、

はがきをポストに投函すればその住所宛に荷物を届けてくれますよ。

家になかなかいることがない場合は

職場に届けてもらうこともできます。

 

当日受け取ることができず、

家にあまりいない場合にはすごく便利です!

何回か私も利用したことがあります。

 

または、ネットで再配達の受付ができます。

スポンサードリク

日本郵便局のサイトから、申し込みができますよ。

 

ちなみに、不在票が届いてから

郵便局で荷物を保管してくれる期間は7日間となっています。

それ以降は荷物を差出人に送り返されてしまうのでご注意くださいね。

 

 

郵便やゆうパックを郵便局の受付で直接引き取る方法!

郵便局に直接荷物を取りに行く方法もご紹介します。

17を過ぎていて管轄の郵便局に

荷物が届いている場合も同じ方法ですよ。

 

まず、必要なものは不在票と

身分証明書(本人と分かる顔写真付きのもの)です。

印鑑は署名でも可能なので、なくても大丈夫です。

これらがないと受け取りはできませんので気を付けてくださいね。

 

取りに行った際の流れとして、

まず管轄の郵便局の窓口に行ったら、不在票を出します。

すると係りの方が荷物を探しに行ってくれます。

 

荷物を探している間に身分証明書を出してお待ちくださいと言われます。

あとは受領書にサインをして完了です!

 

本人限定受取郵便というものがあるのですが、

そちらは本人のみの受け取りになるので、

家族でも代わりに受け取ることができないので注意が必要です。

 

郵便局ではLINEもやっていて、

登録しておくといつ荷物が届くかお知らせしてくれるんですよ!

 

公式サイトからすぐ友達登録ができます。

お届け日時や時間帯に受け取ることができない場合は、

LINEから受け取り日時を変更できるんです!

すごく便利ですよね。その方法もご紹介します。

 

まず本人確認で郵便番号と名前を入力して配達先を指定します。

続いて、お届け日時や時間帯を入力して受付完了となったらOKです。

まだ登録してない方は利用してみてくださいね。

 

 

まとめ

郵便局の当日の再配達の可能時は17時まででした。

仕事をしている方はなかなか17時までに

家にいることは難しいかもしれません。

 

そんな時は、郵便局の再配達の受付をして、

自分にあった受け取りたい方法で試してみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!