成人式は友達がいないから行きたくない人へ送る思い出を残す方法!

趣味・イベント

スポンサードリク






みなさんは、成人式に行ったことがありますか?

これから成人する方はもう行くことを決めていますか?

 

一生に一度で、大人になるけじめをつける式なので

親にも晴れ舞台を見せたいですし

行かなければならないと思ってしまいます。

 

一方で、大学生で地元の成人式に行けず

「友達の少ない大学の成人式に

出なければならなくなった…」

という方もいますよね。

 

また、私は小中学校でいじめられてた時期もあり

「行っても友達いないんだよなあ…」と

行くことを悩んでいました。

 

今回は、成人式に行っても

友達がいないなどの悩みを持つ方に

私の体験談とともに、

こんな選択肢もあるということをご紹介します。

 

 

成人式に友達がいないから行きたくないと正直に親に相談した!

スポンサードリク

 

前に説明したように、

私は小中学校でいじめられて時期がありました。

また、学校全体がかなり荒れていたので

友達といえる人が片手で数えるほどしかいませんでした。

 

高校大学は地元よりも少し離れたところに通っていたので

そこでは友達もでき、楽しく生活ができましたが

地元の友達とは離れていました。

 

その友達に久しぶりに会いたい

という気持ちもありましたが

それよりもいじめのことを思い出して

トラウマで震えてしまい

絶対に行きたくない!と思いました。

 

しかし、20年間育ててくれた親の気持ちを考えると

せっかくの晴れ姿を見せることが

できなくなってしまうのは

本当に心苦しくどうしようか悩みました。

 

そこで、母に正直な気持ちを伝えて

相談することにしました。

私がいじめられていたことを両親は知っていて

当時も助けてくれたので、

特別驚かせてしまうということもなく

私の気持ちをわかってくれました。

 

 

成人式に行かずとも家族でしっかり思い出に残す方法があります!

スポンサードリク

母に相談したところ、私にピッタリの提案をしてくれたのです。

母は

「式は行かなくてもいいから、

写真で思い出に残して祖父母に見せてあげよう」

と言ってくれました。

 

そこで、アルバムを作ってくれるスタジオを予約

着る服やメイクを相談しに行きました。

私は振袖1着だけだと思っていたのですが、

様々なプランがあったんです。

私が選んだのは、ドレス1着と振袖1着の撮影プランです。

メイクや小物などもこだわることができて

式に行く時のような楽しさも味わうことができました。

 

また、思いがけず可愛いドレスも

選ぶことができてすごく嬉しかったです。

費用も、式当日の振袖レンタル料などと比べれば

安く済んだのでその面でも助かりました。

 

そして、完成したアルバムは

祖父母や家族みんなが見て喜んでくれました。

その場で両親に感謝の言葉を伝えることもできて

私も家族も思い出に残すことができました。

 

私が成人式に行かずに済ました方法の、

1.親に素直な気持ちを相談する

2.フォトアルバム作成

3.親に感謝の気持ちを伝える

を通して感じたのは、

「成人式に行っても友達がいないからどうしよう…」

と悩んでいましたが成人式に行くことでしか

けじめがつけられないわけではないんですよね。

 

私はネガティブな友達事情で行きませんでしたが

「地元に戻れないから友達がいない」という方も

フォトアルバムはオススメですよ。

完成したアルバムを持っていれば

いつでも親戚周りができて

報告や感謝を伝えることができます。

特定の日にこだわらずに行動できるのは

大きなメリットですよね。

 

 

まとめ

今回は私の成人式体験談をご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

成人式とは今まで育ててくれた親や

周りの方に感謝を示して大人への一歩を踏み出すことです。

友達に会いたければ個別に連絡を取ればいいし

せっかくの式で寂しそうな顔をするのは

もったいないと思います。

 

今回の記事を参考に

周りに感謝を伝えることができる

素敵な成人式にしてくださいね。