冬物衣料って洗えるの?!ニットやアウターからカーテンの洗濯方法!

暮らし

スポンサードリク






外がカラッとして気持ちいい季節。

今日は、一気に洗濯物をしてしまおう!

 

こんなに天気がいいのだから、

普段は洗濯しないものをしてしまおうかな

と思う時ありますよね?

我が家は、大人数なのでとにかく日常の洗濯物が多いのです。

こんなすぐ洗濯物が乾きそう!

そんな日でもないと、他の物に手が回りません。

きっと我が家の様な家庭も多いかと思います。

 

でも、これって洗濯機で洗えるのかしら?

手洗いの方がいいの?

なら、どうやったらいいのかしら?

 

今さら聞けない、洗濯のやり方を今回はまとめてみました。

これで、すっきりきれいになりますよ!

 

 

今さら聞けない疑問!ニットやアウターの洗濯のやり方がわからないを解決!

スポンサードリク

 

では、普段洗えない物といえば何があるでしょうか?

例えば、ニットなど冬物はどうでしょう?

最近は、洗えるニットなんてものもありますが

そうじゃないメーカーのものもあります。

 

そして、アウター類

クリーニングに出すけれど、

家でも洗えたらいいのにと思いますよね。

家族分、ともなるとクリーニング代もばかになりません。

 

部屋を見渡すと、ぱっと目に入るのがカーテン

お子さんがいる方は、ぬいぐるみも。

ビーズクッションなんかも、中身で出てきそうです。

結構、これって家で洗えるのかしらと思えるものも多いのです。

 

どの場合もまずは、洗濯表示をチェックしましょうね。

▼ニットの場合

・ドライクリーニング不可

・シルクやレーヨンなどが含まれている物

・ビーズなどの繊細な装飾がついている場合

は家での洗濯はあきらめましょう。

 

でも、水洗い不可でも上のチェックに当てはまらない場合は

手洗いでやってみてください。

洗濯機でもいいですが、

縮む可能性もあるのでおすすめできません。

 

アウターの場合

こちらも洗濯表示を見てドライクリーニングができるか、

水洗いができるかをチェック。

高価なものはクリーニングをおすすめしますが、

安く買えたものだったら洗濯機でも手洗いでも洗う事ができます。

ネットにいれて、おしゃれ着洗い用の洗剤で優しく洗います。

あらかじめ、シミがある部分は洗剤をタオルに含ませ、

トントンしましょうね。

 

そして、洗濯コース。

ニットの場合もアウターの場合も、手洗いコースで!

干すときは、陰干しで干しましょう。

我が家は部屋干しで乾かしますが、

ダウンの場合は時々綿が固まっている部分を

ほぐしながら干します。

 

 

カーテンの洗濯方法がわからない?頻度から洗濯機の洗い方までご紹介!

次に、カーテンの洗い方も見ていきましょう。

カーテンをよくよく見てください。

意外と汚れているんですよ、カーテン。

どうしても結露や日光、ホコリなどの影響も受けますし、

子供が知らずに汚い手で触っている事も。

 

大掃除の時に、その汚れ具合にびっくりしたことがあります。

特に、レースカーテンは汚れがちです。

 

頻繁には洗う事ができませんが、厚手の物は年に1回。

レースカーテンは年に2~3回ほど

洗濯するのがおすすめですよ。

 

では、その手順をご紹介していきましょう。



手順➀ 水洗いOK?洗濯表示の確認は忘れずに!

まず、洗濯表示をしっかりチェック!

水洗い、手洗いOKでしょうか?

もしNGであれば、クリーニングに出しましょうね。

他にも注意すべきは、カーテンの生地。

綿、レーヨン、麻の場合は色落ちしやすいですし、

縮みやすいのです。

できるだけ、クリーニングに出しちゃいましょう。


手順➁ ほこりやカビ、汚れはあらかじめ落とそう!

ほこりは、掃除機で吸っておきます。

カビはブラシでこすっておいた上で、

カーテンの裏にタオルを敷き、

洗剤をつけたハブラシでトントン。

タオルに汚れが移ると思います。

 

そしたら、湿らせたタオルで

またトントントンと叩きます。

シミや汚れは、汚れの部分に洗剤を

染み込ませておくといいですよ。

 

ここで注意!

酸素系漂白剤は、色落ちしてしまう事も

多いのでおすすめしません。

一度、我が家はやってしまい

色落ちしてしまって買い換えました・・・。


手順➂ ネットに入れて洗濯を!

スポンサードリク

ネットにカーテンを入れる時も

ちょっとした畳み方があります。

まずは、縦にジャバラ状に畳みます。

カーテンのドレープに合わせて折るといいですね。

次に、横も同じようにジャバラ状に畳んでからネットへ。

こうすると、型崩れしませんよ。


手順➃ 洗剤選びも慎重に!

ここで使うのは、「おしゃれ着用洗剤」。

デリケートなカーテンを洗うのは、

この洗剤がおすすめです。

色落ちもしにくいですよ。

一緒に使う柔軟剤。

最近では、抗菌・防臭タイプもあるので

併せて使ってみてください。


手順➄ 脱水は30秒!

脱水のしすぎはNGです。

洗濯機の脱水モードで、30秒くらいがベスト。

洗濯モードも、「手洗いモード」などをおすすめします。


手順➅ カーテンレールにかけて乾かすべし。

薄手のカーテンならば、カーテンレールにかけて乾かします。

水垂が気になるなら、カーテン下にタオルなどを敷きましょう。

厚手の物は、竿などに干せばOK。

その時は、陰干しをしましょうね。

 

 

洗濯でも手洗いマークがあるもののやり方は?洗剤や気になる脱水方法!

洗濯表示によっては水洗いOKでも

手洗いを推奨するものも多いですよね。

特に、ぬいぐるみやクッションなど、

型崩れしそうなものは手洗いがいいです。

そこで、手洗いの手順をご紹介してみたいと思います。

手洗いってこれでいいのかしら、

そう思っている方はぜひチェックしてみてください。

 

今回は、意外と洗い方がわからない、

「ビーズクッション」の場合でみていきますよ。



手順➀ 洗剤は「おしゃれ着用洗剤」!

やはり、こちらでも洗剤は「おしゃれ着用洗剤」!

ビーズクッションの生地もデリケートですし、

色落ちもしてほしくないです。

ここでも、おしゃれ着用洗剤で優しく洗いましょう。


手順➁ 洗面台or 浴槽で洗う!

小さいものは、洗面台。

大きなものは、浴槽で洗うととても洗いやすいです。

バケツだと、うまく洗えず大苦戦してしまいました。

 

洗面台や浴槽に、まずはお湯をはっていきます。

お湯の方が、汚れも落ちやすいですよ。

そのお湯に、適量のおしゃれ着用洗剤を入れます。


手順➂ もみもみ洗いをしよう!

お湯にビーズクッションを投入したら、あとはもみもみ!

ビーズクッションの素材は、水を吸い込みにくいので

浮いてきやすく洗いにくいのです。

そこは負けずに、お餅をこねる要領で!

もみもみ洗いをしていきましょう。


手順➃ すすぎ洗いをしよう!

新しい水に入れ替え、さらにもみもみ洗い!

水が汚れなくなるまで、これを繰り返しましょう。

あと少し!頑張ってすすぎ洗いをしましょう。


手順➄ 脱水はタオルドライで!

小さいものは、バスタオルなどでタオルドライします。

ビーズクッションをタオルで包み込み、

押しながら水気を取っていくのです。

 

大きなものだと、バスタオルでも追いつきません。

なので、洗濯機の脱水を使います。

その時、高速回転になったら10秒くらいでストップ!

あまり回し過ぎてしまうと、

ビーズクッションが破けてしまう恐れが。

気を付けましょう。


手順➅ 乾燥は陰干しで!

色落ちしない様に、陰干しをおすすめします。

さらに風通しが良ければOK。

 

ビーズクッションは、中まで乾くのに時間がかかります。

大きいものだと、2日位かかるのではないでしょうか。

しかし、ここは我慢。しっかりと乾かしていきます。

すると、ふんわりもっちり感が戻って

とても気持ちいいんです。

 

ぬいぐるみも、この方法で洗濯すると型崩れしにくいです。

汚れの部分は、少し軽めにこするといいですよ。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

意外に、これってどう洗濯するのがいいのかなと

思う物って多いですよね。

私は、よく洗えるニットを購入をするのですが

やはりそれでも縮んでしまう事も。

子供が大好きなビーズクッションも、

よく汚れるので洗濯に困っていた時期もありました。

 

手洗いは面倒だな、と思っていましたが

いざやってみるとストレス発散になりました。

何より、きれいになり気分もよくなります。

 

最近は、洗濯機も進化しているので

デリケートモード、手洗いモードなどもあります。

洗濯表示をみながら、上手く活用していけたらいいと思います。

 

洗剤も、お気に入りの香りを選んでみたりと

楽しみにもなりますよ。

ぜひ、晴れた日は普段洗えないものも洗ってみませんか?

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!