妊娠中の運動はウォーキングがおすすめ!痩せた?私の効果と体験談!

暮らし

スポンサードリク






運動の中では誰でも気軽に取り入れられるウォーキングですが、

妊娠中の方にはどんな効果があるか知っていますか?

妊娠している期間は無理はできませんので、

今回はそんな方のためにウォーキングの効果や

注意点などをご紹介させていただきます。

 

 

妊娠中の運動にウォーキングをして痩せた?他にもこんな効果がある!

スポンサードリク

 

通常、ウォーキングといえば老若男女問わず

健康維持やダイエットなどに取り入れられる、

簡単な運動ですよね。

実はウォーキングは妊娠中の方にも

とってもオススメな運動なんです!

その理由をいくつかご紹介します。


・体重管理

妊娠をすると、かかっている産院にもよりますが

ほとんどの場合、妊娠中は体重管理が必要になります。

ですが、妊娠初期は多くの方がつわりに苦しみ、

健康や体重まで気を使うのは難しいですよね。

自分で意識して管理できるようになるのは

妊娠中期頃からではないでしょうか。

特に食べづわりの方は、食べると楽になるので

「妊娠初期に体重が増加してしまった」

なんてこともあると思います。

 

体重をキープしたい、これ以上増やしたくないと思ったら

ウォーキングがオススメです!

初めのうちは無理をせず、ご近所への買い物から

短時間の散歩感覚で始めてみてはいかがでしょうか。

私は妊娠後期、毎日1時間程度ウォーキングをし、

なんとか体重をキープできた経験があります♪

ママ友の中には一日2〜3時間歩いていた、

なんて方もいました。

 

・体力作り

出産には何よりも体力が必要です。

「安産であっという間に産まれてしまった!」

なんて方もいますが

平均的に初産の場合、約14時間かかるそうです。

長い時間痛みに耐える為には

やはりかなりの体力が必要となります。

妊娠中は激しい運動は基本的にできませんので

体力作りをする場合、ウォーキングはうってつけなんです!

そして出産後は、赤ちゃんのお世話、

3時間おきの授乳が待っています。

出産〜育児と全てにおいて、大変な体力を使うので

できる範囲で妊娠中の体力作りをオススメします。

 

・気分転換

妊娠中は身体に変化があったり、

大きくなったお腹のせいで思うように身体が動かなかったり、

出産、育児への不安があったり…。

なんだか鬱々としてしまうこともありますよね。

そんな時に、ウォーキングをして

外の空気を吸うことで気分転換にもなりますよ。

 

散歩がてらベビー用品を見に行って買うものを下見したり

天気の良い日にはお気に入りの飲み物を持って、

休憩しながら歩くのもとても気持ちがいいです。

なかなか妊娠中は遠出をすることや

思いつきで行動!といった、

今までできていたことができなくなります。

その分、ゆったりとしたストレス発散法を探してみてください♪


 

 

妊娠中のウォーキングで気をつけたい注意点!実はデメリットもある?

妊娠中のウォーキングのメリットをご紹介し、

「やってみよう!」

スポンサードリク

と思ってくれた妊婦さんもいるかと思いますが、

デリケートな妊娠中は気をつけて欲しいことも

いくつかあります。


・ウォーキングは妊娠中期に入ってから

妊娠初期は体調や赤ちゃんも不安定なことも多いので、

できるだけ妊娠中期の安定期に入ってから始めましょう。

妊娠後期になるとお腹が大きくなり、

足元が見えにくいので注意が必要です。

「正産期に入ると赤ちゃんが下りてくるように、

たくさん歩いてください」

と産院から指示が出ることもあるので

臨月に入ってから歩くことは問題ありません。

 

・夏は熱中症に注意

夏の暑い時期は熱中症に注意が必要です。

ウォーキングをする際は日陰を歩いたり、

必ず水分を持ち歩くようにしましょう。

私は熱中症対策として、

塩タブレットなどを持ち歩いていました。

今は色々な種類の熱中症対策お菓子が売られていますので、

お好みのものを探してみるのも楽しいですよ。

 

・ストレッチを忘れない

妊娠中は浮腫みやすくなったり、

筋肉が凝り固まったり

妊娠前とは身体の状態が全く異なります。

その為、歩く前と帰ってきた後は

必ずストレッチをしましょう。

ストレッチも無理をせず、ゆっくりと身体を伸ばします。

 

 

妊娠中はマタニティヨガもおすすめ!運動だけでなくママ友ができる?

ウォーキングで体力作りをするのはいいですが、

毎日毎日歩くのも飽きてしまうこともあります。

そんな時は、マタニティヨガや、

マタニティビクスも検討してみてください。

 

この二つは名前の通り、

妊婦さん用に考えられたヨガとエアロビクスです。

身体に無理のないように構成されています。

 

実施できる場所はおおまかに二つあります。

ひとつめは産院です。

かかっている産院によっては、

マタニティ用の運動教室が

定期的に開かれていることがあります。

一回あたりの料金は無料のところから

2000円程度など、様々です。

自分が出産する病院になるので、

安心して通えますね。

私も妊娠中に産院のマタニティヨガに通い、

ママ友ができました。

同じ地域の妊婦さんが集まるので

ママ友作りにももってこいです♪

 

もうひとつはヨガやエアロビクスのスタジオです。

インストラクターの方がしっかりと見てくれる教室です。

料金は東京都の場合、1か月で1万円前後が多いようです。

教室によっては託児所付で産後も通える場合もあります。

産後のストレス発散や運動不足解消にもいいですよね♪

 

こういったマタニティヨガや

マタニティビクスをやる際には

必ず事前にお医者さんに確認しましょう。

経過によってはダメと言われてしまうこともあります。

赤ちゃんとママ優先で選んでみてくださいね。

 

 

まとめ

今回は妊娠中のウォーキングについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

 

ウォーキングの際は決して無理をせず、

体調が悪い時にはゆっくり休みましょう。

お休みの日は、旦那さんも一緒にお話ししながら歩くと

いつもよりたくさん歩けたりもしますよ♪

 

妊婦さんに大切な体力作りを楽しみながら、

赤ちゃんを迎える準備をしてみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!