子供がご飯を食べない理由に多い、好き嫌いと少食の対策と解消法!

家族

スポンサードリク






離乳食期が終わり、大人と同じものを食べられるようになった!

同じものを食べて楽しく食事がしたい♪と思った矢先…

思うようにご飯を食べてくれずに

頭を抱えているお母さんは多いと思います。

 

食べない理由は様々。

好き嫌いがあったり、元々食が細かったり…

ただ気分が乗らない!なんて事も。

そんな気分屋の王子様、お姫様の為に日々工夫を凝らし

なんとか食べてもらおうとするも、あえなく撃沈。

 

栄養面を気にしているお母さんとしては、

どうにかしたい!と思いますよね。

今回は子供の「食べない問題」に様々な方向から

アプローチする方法をお伝えします!

 

 

子供がご飯を食べない理由が好き嫌いなら食材ごとで方法を変える!

スポンサードリク

 

さて、子供の嫌いな食べ物の王道といえばやっぱり

「野菜」ではないでしょうか。

匂いが嫌、食感が嫌、緑色を見ただけで嫌!

子供達の思いは様々です。

見た目だけで判断されている場合は、

口元に運ぶのも至難の技ですよね。

 

そんな子に、ひと口だけでも!は、まず諦めましょう。

ハンバーグに混ぜたり、何かに隠したり…はしません!

根本的解決にはならないですからね。

 

用意するのは「1センチ程に刻んだ苦手な野菜ひとかけ」です。

欲張ってはなりません、千里の道も一歩から、です。笑

子供は自分のキャパを超える量を出されると、

頑なに拒否をします。

なので、始めは味がするかしないか程度で良いのです。

別皿に、量の少なさが映えるように用意してあげてください。

 

その小さな野菜のかけらを口にする事が出来たら、

それはもう大袈裟に、褒めて称えてあげましょう。

「小さな野菜のかけら」が

「小さな自信」に生まれ変わる瞬間です!

そこで約束しましょう、「明日は2つ、一緒に頑張ろう!」と。

 

これ以上は絶対に無理強いしてはいけませんよ!

逸る気持ちを抑えて明日を待ちましょうね。

そして、ひとかけ食べられた事を寝る前、起きてから、

遊んでいる時も「あの時すごかったよね」と言ってあげましょう。

子供は「あの時食べられたんだ!」と自信もついてきます。

単純明解な男の子なら、

その日のうちに「あの野菜好きだったわ」くらいになります。笑

 

次の日はかけらを2つ、その次の日は3つ…

と根気強く少しずつ増やしていきます。

スプーン一杯食べられるようになったら、

ご褒美を用意してあげるのもいいかもしれませんね。

 

野菜嫌いをそのまま諦めたくないお母さん!

お子さんと一緒にぜひ頑張ってみてくださいね。

 

次に、お肉とお魚です。

お肉やお魚が苦手な理由の多くが「もそもそ感」です。

脂のあまり乗っていない焼き魚は、

口の中の水分が持っていかれ、

気がついたら飲み込めない状態に…

お肉の場合はうまく噛みきれずに、口の中で固まってしまう…

上記のような状態で苦戦している子供達をたくさん見てきました。

特に1〜2.3歳の子供が

飲み込めないループにハマりやすかったです。

このような場合には、

子供に提供する前にひと工夫凝らしましょう!

 

魚を焼いた場合、少しとろみのある餡掛けを

スポンサードリク

プラスしてみましょう。

魚の味付けにもよりますが、

「和風だし汁+片栗粉」「コンソメスープ+片栗粉」等…

スーパーに、ふりかけるだけで簡単にとろみのつく

商品なんかも売っていますので

上手に活用してみるといいかもしれません。

 

あとは、魚の身をほぐしてフレークにし、

ご飯に混ぜてしまう方法も。

混ぜご飯をおにぎりにしてあげるだけで、

意外と食べてくれたりしますよ。

 

お肉料理は出来るだけ挽肉を使用したものや、

柔らかく仕上がるように下味を工夫してみましょう。

あとは、 子供の成長に合わせて細かく刻んであげましょう。

乳歯が生え揃うのは2歳半ごろと言われています。

それまでは焦らず、そして面倒臭がらず、笑

その子に合ったサイズで提供してあげてください。

 

最近の子供は噛む力が低下している、

と言われているそうです。

成長していく段階で

「うちの子噛む力が弱いのかも?」と思ったら

おやつの時間を有効活用しましょう!

堅めのおせんべいや干し芋、イカ等噛み応えのあるもので

噛む練習をするのも良いかもしれません。

スナック菓子やチョコレートより健康的で

噛む力もついて…一石二鳥です!

 

苦手意識を改善し、楽しく食事ができるといいですね!

 

 

子供の食が細くて少食!そんなはおやつを控えて軽食に切り替えよう!

「うちの子は元々あまり食べなくて…」と

少食であることを悩むお母さん達もいました。

 

1回の食事量が少ないから、

おやつの時間は子供の好きな物を!と

甘い物や好きな物ばかり…

後ろめたさを思いつつも少しでも食べてもらえるよう、

ついつい与えすぎてはいませんか?

 

おやつの時間こそ、第二の食事の時間と考え、

少しでも罪悪感の少ないものに変えてみましょう!

温野菜に少量のマヨネーズを添えてあげたり、

ふりかけやチーズを混ぜて小さなおにぎりを作ってあげたりと、

おやつの時間を「軽食」と捉えてみてください。

そうすれば、いざご飯の時間にあまり食べなくても、

「さっき少し食べられたから、いっか」

と気負わずに思えるでしょう。

 

もっと手軽に…であれば、スーパーの端っこにある

「焼き芋コーナー」をのぞいてみてください。

子供が食べたい!というまでは目にも留めていませんでしたが

これは我が家には大ヒット商品でした。おすすめです!

 

おいしくても食べすぎては本末転倒なので、

大人が量を調整してあげてくださいね。

 

 

まとめ

ここまで書きましたが、食べてくれないことに

あまり悩みすぎないでくださいね。

平均的な発達をしていて、元気であれば、

個人的には問題ないかと思います。

 

あまりにも食に偏りがあったり、

栄養面が気になるようであれば

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

少しでもお母さん達の力になれれば…と思います!

一緒に頑張りましょうね。

スポンサードリク






スポンサードリク






家族
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!