初節句のお祝い金が少ない?お返しも含めて妥当な金額っていくら?

趣味・イベント

スポンサードリク






赤ちゃんが産まれてから、5月5日は男の子、

3月3日は女の子の初節句が待っていますね。

お父さんやお母さんにとっては一大イベントのひとつで、

写真スタジオに撮影に行く方も多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんの初節句ですが、祖父母からのお祝い金は

いくらが妥当なのでしょうか?

ご家庭によって様々かとは思いますが、

一般的なことも含めご紹介させていただきます。

 

 

初節句のお祝い金が少ない?祖父母や親戚別に相場を紹介します!

スポンサードリク

 

初節句を迎え、子供の衣装の用意、写真スタジオでの撮影、

食事会の準備と、なにかと出費がかさみます。

そこでお祝い金を貰えたら嬉しいなぁと少しは思いますよね!

 

では実際、お祝い金の相場はいくらくらいなのでしょうか。

・祖父母 5〜30万円

・親戚や兄弟 5千円〜1万円

・その他友人など 3千円〜5千円

 

祖父母の相場はご家庭によってかなり差が出ますね。

ですが、貰えたらとっても嬉しい金額であることには

間違いありません♪

兄弟や友人など、渡す時にもこの金額を目安にしてみてください。

 

自身の話にはなりますが…

我が子の初節句の時、

実はお祝い金は一銭も貰いませんでした!

大々的な食事会や自宅に祖父母を呼ばなかった、

ということもありますが

私の親から雛人形を買ってもらったのみで、

現金は特にありませんでした。

 

周りのママ友に聞いてもお祝い金を貰わなかった、

という方もちらほらおり、

必ずしも貰えるという訳ではないことも判明しました。

万が一、お祝い金がなくても

気にするほどではないのかもしれませんね。

 

 

初節句の五月人形や雛人形は母方の実家にあたる祖父母が買うのが常識?

お祝い金の他に、初節句で大切なものは五月人形や雛人形ですが

誰が用意するものなのでしょうか。

 

お母さんの実家が人形を買う、という話を

聞いたことがありませんか?

それは何故かというと…

昔はお嫁に行くと女親の祖父母はなかなか孫に会う機会がなく、

会う為のきっかけとして五月人形や雛人形を買っていたそうです。

 

確かに我が家でも、

私の親から「雛人形どういうのがいい?」から始まり、

「これから届けに行くね!」と言って訪ねてきて

成長した我が子を見せる、ということがありました。

スポンサードリク

実家と離れて暮らす場合、

お互いに気軽に行き来が難しいこともあるので、

こういった機会に会ってゆっくり話すのも大切な時間になります。

 

最近ではマンションや賃貸住宅など、

置き場を広く取れないことも多く、

五月人形も雛人形もコンパクトなものでも

バリエーションが豊富になっています。

我が家にあるのも小さい雛人形で、

置くところも困らず収納も楽なので、

とっても気に入っています。

 

今では「誰が買う」というのは特に決まりはありません。

どちらの祖父母が買っても、

お父さんお母さんが買ってもいいんです!

気に入ったものがあれば、買ってしまいましょう♪

 

 

初節句のお祝い金や人形へお返しは必要?その場合はいつするの?

お祝い金や人形を貰った場合、

他のお祝いと同様にお返しが必要となります。

貰った分の約半額〜三分の一程度のお返しが一般的です。

もちろん祖父母から高額なお祝いを貰った場合は、

必ずしも半返しする必要はありません。

気持ちのこもったお返しを考えましょう♪

 

お返しの品もお菓子や日用品、

カタログギフトなど種類が豊富でインターネットから注文すると、

写真入りのメッセージカードを添えてお送りすることもできます。

写真が入ることで贈った方にもより喜んでもらえるので

オススメです!

 

なお、お返しの品は男の子であれば5月中、

女の子は3月中に送りましょう。

初節句のその月にお返しをするのがマナーです。

 

もしお食事会をするのであれば、その時に全員で写真を撮り、

そちらも添えて送ると更に喜んでもらえます。

赤ちゃん、両親、祖父母が揃う写真はなかなかありませんので、

機会を逃さず撮っておくと良い思い出になりますよ。

 

 

まとめ

今回はお子様の初節句のお祝いについてご紹介しました。

参考になりましたでしょうか。

 

初節句の一番の目的は子供の成長を祝うことです。

お祝いの金額や物よりも、

赤ちゃんを囲んで楽しく過ごすのが一番だと思います。

家族揃って、思い出に残る初節句を過ごしてくださいね。