赤ちゃんの名前付けで特に漢字は難しい!ちょっとした考え方のコツ!

暮らし

スポンサードリク






もうすぐ赤ちゃんが産まれてくる!

産まれるまでに、準備することは色々とありますよね。

オムツなど身の回りの準備や、部屋や布団の準備など。

その準備期間も楽しくて、愛おしい時間です。

 

その準備する中でも、一番気合が入るのが

「赤ちゃんの名前」ではないでしょうか。

まだ見ぬ我が子。

一体どんな顔で、どんな笑顔を見せてくれるのかな、

なんて考えながら名前を考える。

本当に愛おしい時間・・・。

 

最近は、きらきらネームなど読めない名前が多いなど、

赤ちゃんの名前にもいろんな意見がありますね。

それだけじゃなく、どの様な漢字を使うべき?

名前の意味・由来って必要なの?

 

名づけって、親から赤ちゃんへの最初の贈り物。

きっと色々悩むこともあることでしょう。

今回は、赤ちゃんの名前について考えてみましょう!

 

 

赤ちゃんの名前の意味・由来は子供自身も興味が出てくると感じた出来事!

スポンサードリク

 

我が子にどんな名前を贈ろうか・・・。

名前に必要なのは、画数?それとも、響き?

色々な方向から赤ちゃんの名前を考えれるかな…

そう思います。

 

男の子なら結婚しても名前は変わらないし、

画数を大事にしたい。

女の子なら、柔らかなイメージがいいかな?など。

それぞれのイメージなんかも大切ですよね。

 

その中でも、ちょっと大切にしてもらいたいなと思うのが、

「名前の意味・由来」。

我が子が学校の授業で、「自分の生い立ち」を

調べるということがありました。

自分の生まれた事柄について、

親に聞いてきて発表するといった内容でした。

早速、「生まれた時のこと」、

「ママは赤ちゃんと会ってどう思ったか」、

「どんな赤ちゃんだった?」など、

様々な質問を受けました。

 

最後の質問が、「ぼくの名前の意味ってなんですか」でした。

名前の意味や由来も聞くんだな、と少しびっくりしましたが

「こんな子に育ってもらいたいという願いを込めたのよ」

と答えました。

 

その時、我が子はとても嬉しそうな顔で

「へ~!!」と聞いてくれたのです。

きっと、本人も自分の名前の意味や由来なんて

考えたことがなかったのでしょうね。

 

その後、我が子は授業でこの質問の感想を、

「とても嬉しい気持ちになりました!」

と答えていたそうです。

それを聞いて、この名前を贈ってよかったな~と、

しみじみ感じました。

自分の名前を好きになってもらえたのかな、

と安心もした記憶があります。

 

特に難しく「名前の意味・由来」を考える、

でなくてもかまいません。

「我が子の事を考えて、名前を考える」で十分!

赤ちゃんの事を思いながら考えた名前であれば、

その意味や由来は明確だと思いますよ。

 

 

赤ちゃんの名前に使う漢字の選び方と良いか悪いか調べるべき理由!

こんな子に育ってほしいな、

いい環境に恵まれますように・・・。

赤ちゃんの名前に願いを込めて考えていく中で、

悩ましいのが画数や漢字。

意味や由来、名前の響きなどから名前を決めた場合、

どの様な漢字をもってこようか?となりますね。

 

もちろん、こんな漢字を使いたい!と思う場合も。

漢字の種類は多々ありますし、

名前に合わせてとなると選ぶのも大変です。

また、この漢字いいな!と思ってもちょっと待って。

中には、名前には使えない漢字というものもあるんです。

 

年々、名前に使える漢字も増えていますが、

まずは使えるのかなと調べながら考える必要があります。

そして、ここで注意していただきたいのが

スポンサードリク

「漢字一文字一文字にも意味がある」ということ。

名前そのものにも由来などがあるように、

漢字にも意味があるので使いたい字は調べましょう。

 

中には、良さそう!と思っていても負の意味があったり、

実は名前には適さないものなんてこともあるんです。

我が家の末子も実は、

上の子が先に名前の読みを考えてくれていました。

赤ちゃんがお腹にいるとわかった日から、

毎日その名を呼ぶので根負けしてその名前を採用。

 

困ったのは、漢字でした。

読み方が決まってきるので、それに漢字をあてる形です。

これかっこいいかも!と思ったものは、

人間関係が炎上という意味があったのでびっくり。

目上の方の意見、母などの意見も聞いて決めました。

せっかく考えた名前が、

いい意味ではなくなったら悲しいですよね。

ちょっと悩ましいかもしれませんが、

あきらめず調べてみてくださいね。

 

 

赤ちゃんの名前ランキングも参考にして色んな角度で漢字を見つめよう!

赤ちゃんの名前に迷った時、

参考になるのって名前ランキングですよね。

今年は、こんな名前や漢字が人気でした!と

データをまとめてくれているので、助かりますよね。

 

しかも、その年で少しずつ

人気の漢字なんかもわかりますし、

イメージも違います。

名前のランキングといっても、様々。

「赤ちゃん本舗」さんや「たまひよ」さん、

「明治安田生命」さんなどを始め、

色々なサイトでデータが集められています。

 

例えば、明治安田生命さんの2019年ランキングでは以下です。


◎男の子

 1位  蓮 

 2位 陽翔 

 2位  新 

 

◎女の子

 1位  凛 

 2位 陽葵 

 3位 結愛 


漢字は、男の子の場合かっこいい漢字、

「翔」などが人気がありますし、

女子は可愛いイメージのある「花」が多いそうですよ。

 

特に2019年は、「令和」という新しい時代の幕開け。

令和に由来した漢字や名前が徐々に人気が出てきたようです。

例えば、令和の「令」や「和」が使われたり、

令和の元になった万葉集が影響したものなどがあります。

 

どこか古風で、日本らしい。

そのようなイメージの名前も人気が出てきているのです。

去年も人気だった「新(あらた)」や「大和(やまと)」。

そして、可愛いながらに奥ゆかしさを感じるような、

「詩(うた)」や「結(ゆい)」。

 

さらに、2020年には明るいイメージという傾向も。

太陽や陽翔、に使われる「陽」という文字や、

心桜や花奏といった「桜・花」。

どの名前も漢字も、とても素敵だなと思いませんか?

ぜひ、こういう漢字もいいな、

名前の響きも素敵と参考にしていただけたらなと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの名前について考えてみました。

赤ちゃんの名前ランキングをみても、

どれも考えられていて素敵ですよね。

名前の裏に、我が子を思う親心が見えてきそうです。

 

今、まさにお腹の子に、

産まれてきたばかりの我が子に名前を考えている方。

我が子を思い浮かべて、

自分の心の声を頼りにいろいろと書き出してみましょう。

 

もちろん、旦那様やじいじやばあば、

大事な家族と話しながらでもOK。

赤ちゃんへの贈り物です。

 

名前と共に、心も込めて。

中々悩ましいかもしれませんが、この愛おしい時間も大切に。

大きくなった我が子が、この名前好きだよ、

といってもらえたら嬉しいものです。

少しでも、今回の記事が役立てれば幸いです。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!