ヨーグルトの栄養摂取に効果的な食べ方は?飲むヨーグルトの効果は?

レビュー

スポンサードリク






「健康に良さそう」

ヨーグルトに対して、

こうイメージする人は多いのではないでしょうか?

 

ですが、食事中のいつ食べるのが正しいのか?

食べるタイプと飲むタイプだと、なにか効果に違いがあるのか?

疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

 

私は現在毎日ヨーグルトを食べていますが、

ズバリ「便秘解消」を期待しています(笑)

もともと便秘になりやすく悩んでいましたが、

これまでは薬をメインに半ば強制的に解消してきました。

 

しかし妊娠をきっかけに、

薬に頼らず健康的に解消したいと考えた時に、

手に入りやすく価格も求めやすいヨーグルトに目を付けました!

 

ここでは、私がおすすめする種類と

実践している食べるタイミングを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ヨーグルトって実は効能や効果がなしって本当?巷のうわさを調査!

スポンサードリク

 

主に耳にするヨーグルトの効果効能は

便秘の予防、解消

花粉症の改善

免疫力強化

などが多いと思います。

 

もっと多くの効果効能があるとは言われていますが、

それぞれ“菌種”によって効果は変わるのです。

「ビフィズス菌」「ガゼリ菌」「ラブレ菌」「シロタ株」など、

聞いたことがある名前はありませんか?

 

ビフィズス菌は「ナチュレ 恵」

シロタ株は「ヤクルト各種」

などに含まれており、

ヨーグルト以外の乳製品にも含まれていることが分かりますね。

 

多くの菌種がありますが、

ほとんどの乳酸菌が便秘予防、

解消や免疫力を上げる効果を持っていて、

ちゃんと効果はありますのでご安心くださいね。

自分の求めている目的に合ったヨーグルトを選ぶことが、

効果を高める第一歩になります。

 

 

ヨーグルトの効果を活かすには…   食前に食べる?食後に食べる?

さらに大切なのは、食べるタイミングです。

菌種によって効果が異なるように、

食べるタイミングによっても効果に違いが出るのです。

 

ここでは代表的な目的に合わせたタイミングを紹介しますね。

 

まず乳酸菌は胃酸に弱いと言われていて、

ほとんどは胃に入った時に胃酸によって死んでしまうのです…

「死んでしまう」と聞くと全く効果がないのかと

思ってしまいますが、実はそうではありません。

効果がない訳ではないのですが、

生きたまま腸に届く乳酸菌よりも効果は薄まってしまうので、

効率がいいとは言えません。

 

基本は“食後”に食べるということを覚えておきましょう!

その食後に特に効果があるのは「便秘解消」の場合です。

便秘を解消するには腸内環境を整える必要があるので、

できるだけ生きた乳酸菌を腸に届けてあげた方が

より力を発揮してくれます。

 

先に食べたものによって、胃酸の濃度が薄まっているからです。

私は便秘解消を目的に食べているので

スポンサードリク

食後に食べることを意識しています。

食物繊維の多いキウイやいちじくなども添えるのもおすすめです。

 

ただし、たくさん食事で栄養を摂ったあとに

無理をしてヨーグルトも食べると

カロリーの摂りすぎに繋がりますので、注意が必要ですよ!

しかし、この点は食後のヨーグルトの分も考えて、

献立の数やカロリーを決めれば解決できますね。

 

一方、食前に食べることで効果があるのは

「ダイエット」です。

先に食べることでそのあとの食事の量は減りますし、

満腹感を得ることができるのでダイエットにはおすすめです。

腹持ちのいいバナナや、シリアルなどと一緒に食べると、

食べすぎ防止に効果絶大です。

 

また、ダイエットを意識するのであれば、

身体を冷やすことは大敵です。

ヨーグルトを温めて「ホットヨーグルト」にするのも効果的で、

レンジでラップをせずに30~60秒温めるだけで簡単にできますよ。

冷たいまま食べるよりも内臓を温めることになって、

胃腸の働きを活発にしてカルシウムの吸収を促進してくれます。

 

それにより脂肪の分解も促してくれるので

冷え性の方にもおすすめの食べ方です。

 

 

飲むヨーグルトは効果なし?固形と比べて採るのに楽だけど違いはあるの?

食べるヨーグルトと飲むヨーグルトに違いはあるのでしょうか?

簡単となると効き目は弱いのかな?と思ってしまいませんか?

 

まず大きな違いは「製造工程」です。

販売されている種類によりますが、

明治ブルガリアヨーグルトを例に出して説明します。

 

飲むタイプはタンク内で発酵させてから容器に充填する

「前発酵」と呼ばれる方法で作られていて、

食べるタイプは容器に充填してから発酵させる

「後発酵」という方法で作られているそうです。

 

このように製造工程に違いはありますが

同じ菌種(ここではLB81乳酸菌)が使われているため

飲むタイプの方が乳酸菌の働きが弱いということはないのだとか!

 

飲むタイプであれば、

外出先や移動中にも便利ですし

忙しいランチタイムにも取り入れやすいですよ。

あまーいお菓子のおやつ代わりとしても

一役買ってくれそうですね!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

もちろん、「ヨーグルトを食べる」というだけで

期待している効果すべてを得ることは難しいでしょう。

 

その他の食生活や、運動や睡眠などの生活習慣にも

気を配ることが必要です。

また、食べてすぐに効果が表れるわけではないので

生活の一部として取り入れ、

長い目で効果を期待することが望ましいですね。

 

今やスーパーやコンビニでは

いろいろな種類のヨーグルトを見かけます。

好きな味やタイプ選ぶことが一番ですが、

なにかの効果を期待して食べるとしたら、

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!