作業着の泥汚れが落ちない問題は石鹸と重曹で解消!私は諦めない!

暮らし

スポンサードリク






私が以前お付き合いしていた彼は、

土方で仕事している肉体労働者です。

なので毎日作業着が泥どろになって帰ってきます。

当然、他の洗濯物と一緒には洗えないので、

ある程度まとめておいて一気に洗う、

という方法をとっていました。

 

でもこの泥汚れって

普通に洗濯したんではなかなか落ちないんですよね。

こんなこと世の中のお母さま方は、

お子様の運動着などを洗われたときにすでに体験済み…

なのかもしれません。

 

何せ一緒に暮らし始めて間もなかったもので

そんな洗濯にすら戸惑っていたのです。

できれば楽にキレイに作業着の汚れを落としたい!

そう考えた結論、

楽ちんにキレイに泥汚れを落とす方法を見つけました。

 

ちなみに彼の要望としては

「作業着がキレイでパリッとしてると、男社会で舐められない」

とのことで、泥はキレイにきちんと落として、

パリッとさせてほしいそうです。

 

家事の時間をできるだけ短くしたい私としては

彼の要望を満たしながら

自分の希望もかなえたい訳です(笑)

すると世の中には泥汚れを落とすために

色々な洗剤があるんですね~!

今回はそんな洗剤や洗濯方法を紹介しますね。

 

 

作業着の泥汚れはなぜ液体洗剤で落ちないの?では石鹸も使ってみた!

スポンサードリク

最初は、泥で汚れた作業着を水で濡らして、

泥を浮かせてから洗濯機に入れて、

普通に液体洗剤で洗ってました。

 

「泥って汚れでしょう?普通に洗剤で落とせばいいんじゃない?」

と思ってた。

でもこれだと、全然落ちない。

 

なので、今度は襟の黒ずみにするように

液体漂白洗剤をしみ込ませてみましたが、

これも全然落ちない。

なぜでしょうか?

 

泥が<不溶性>の汚れだからです。

不溶性というのは“水にも油にも溶けない”ってことです。

どういうことか?


泥汚れ

 ↓

すぐに水洗いする

 ↓

水に溶けないのでかえって汚れが広がる(涙)


という悪循環があります。

私、何回かこれやってました

泥が水に溶けないなんて知らなかった!!

何回もやってしまうなんておバカさんですよね。。

 

水洗いすることで泥が細かくなって

繊維の隙間に広がってしまうんだそうですよ。

なので基本的には泥汚れは洗わないで、まず乾かしましょう!!

 

作業着や運動着が泥どろになって家族が家に帰ってきたら、

(もちろん自分のも)後に楽になることを考えて

物干し竿に干してあげればOKなんです。

ドライヤーなんかで乾かしてもいいですよ。

 

そしたら今度はその乾いた泥を、

ブラシなどで擦って落としてあげます。

私はベランダでやってます。

そしてこの時に使うブラシで

個人的に楽ちんだな~と最近発見したのが、

泥汚れを落とす固形石けんとブラシが一緒になった商品です。

 

アタックのプロEX石けん(回し者ではありません。笑)

ホームセンターでこれ見つけた時、

なんて楽なんだろうと思いました。

石けんとかき出しブラシが一体化してます。

ブラシで泥を落としてから石けんを直に塗って使います。

石けんを持つところがあるので手も汚れませんし、

少しずつ繰り出して使えるのでキャップもすれば保管もできます。

あと何と言っても香りがさわやかで好きです。

 

泥汚れに効く洗剤っていうのは

スポンサードリク

ネットで検索するとたくさん出ます。

気に入ったものを使えばいいと思うのですが

私は楽でお値段的にもお得なのでこちらを使ってます。

コスパはかなり良いと思います。

 

 

それでも落ちない作業着の泥汚れ!最終手段で洗濯時に「重曹」投入?

ここまで、泥汚れの洗濯物を乾かしましたし、

ブラシで泥を落として固形石けんまで塗り込んで、

水で洗い流しました。

もうこれで洗濯機に入れていつもの液体洗剤で洗えば

泥汚れもピカピカにとれる!と思ってやってみたのですが……

 

実際は残念ながら強い泥汚れは残ってしまっています。

くやしい。。。

ここまでくるともう意地ですよね!

よ!洗濯上手!と言われてみたいですもん。

 

私の母はキレイ好きでお掃除上手なんですよ

実家はいつもピカピカなんです。

だから比較してしまうんです

前向きに、実家に住んでた頃の記憶を思い出しました・・・。

そういえば、実家の洗剤置き場には、

いつも重曹が置いてありました

 

「重曹で落ちるから磨いといて~」

「人体に安全なんやで~」

って子供のころに言われて何だろう重曹って?

ただの洗剤とは違いそうだな?

と思って、薄められた重曹液体で床とか磨いた記憶があります。

 

でもそういえばお洗濯にも重曹を使えるんですよね!

泥汚れのひどい洗濯物の最終手段で

重曹を入れるといいとネットに書いてありました!

 

なので早速重曹を買って実験です。


重曹を洗濯に使うと何がUPするのか?

洗浄力、消臭力・漂白力が上がる


重曹を液体洗剤に同じ体積分だけ加えることで

液体洗剤だけでは落ちなかった繊維の奥の泥汚れにまで

重曹が浸透して汚れを浮かしてくれる効果があるそうです。

なおかつ部屋干しした時の嫌な臭いの予防にも繋がるそうです。

 

私は花粉症に悩まされていて

部屋干ししかできない時期があるため、

臭い予防の洗剤を使っているのですが、

タオルなどはなかなか臭いがとれず、

どうしたらいいのかな?と思っていたので

実際にタオルなどの洗濯物にも使用してみました。

 

効果は・・・・・綺麗になってる~!

なんか除菌効果もあるのでしょうか?

嫌なニオイもしないし、

もちろん泥汚れも、茶色い黄ばみみたいのが落ちています。

清潔感も増しています。

 

正直、もう永久に落ちなそうなセメント?みたいな汚れは

落ちてないんですが固形石けんと液体洗剤だけでは

残っていた汚れがすっきりしています。

 

もっとヒドイ汚れのときは

お鍋とかで煮沸するといいらしいですよ。

今後そういう必要も出てくるかもですが

今回はまあ合格点でしょうか。

作業着の泥汚れを落とすために

固形石けんと液体洗剤、

重曹を組み合わせてきれいに泥汚れが落とせました。

 

 

まとめ

汚れの中でも落としにくいと言われる泥汚れですが

色々な情報が飛び交う中で、

楽して作業着を綺麗にしたいと強く思ってました。

「仕事や子育てで時間があまりとれない」

「洗濯もパパっと手際よくやりたい」

と思っている方がいらしたら、

ぜひ固形石けん(できればブラシ付き!)と、

重曹といつもの洗濯洗剤をご用意ください。

そうすれば大体の泥汚れはキレイに落とせますよ!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!