身近に潜むマスク依存症とは?夏も顔を隠す理由と心理をズバリ解説!

暮らし

スポンサードリク






2020年2月ごろから、

日本人にとっての必須アイテムのマスクが、

購入しにくい状況下が続いています。

 

新型コロナウイルスの影響による品不足が

主な原因ではありますが、

この2月~4月後半まではインフルエンザや花粉症の方々も、

マスクを必要としているので、

供給困難な状態になっているのです。

 

マスクは中国製が75%を占め、

国内製はたったの25%しか製造されていないそうです。

これらの緊急事態だからマスクをする方も多いのですが、

平時の状態で何の症状もないのに、

マスクで顔を隠すという方が日本人には多く存在しています。

 

なぜ、日本人は花粉症やインフルエンザの時期でなくとも、

マスクを付けるのでしょうか?

「マスクをすることで、ノーメイクがバレずに出勤できる」

と答えている女性を以前テレビで紹介されてもいました。

マスクで顔を隠すことについて、

日本人の心理状態はどういったことになっているのでしょう。

 

 

マスク依存症でなくとも顔を隠す人々!そこに潜む日本人の心理!

スポンサードリク

先ほども紹介しましたが、

女性がノーメイクだからマスクをして出勤することは、

出勤するのに化粧をしている時間がない、

だからマスクをすれば顔を隠すことが出来るので、

ノーメイクでも会社に行けることになります。

一種の恥を隠すための行為と考えるべきでしょう。

 

日本人は咳をしただけでも、

周りの方に移してはならないという事からマスクをします。

まして、その咳1つで相手が風邪をひいてしまった場合、

非常に相手に対して申し訳ないという気持ちに

なってしまう傾向が高いです。

 

これは、日本人が相手に対して、

非常に失礼のないような対応を取らなければならないという

気質が生み出すものになります。

ノーメイクだからといっても、

他の人には迷惑は掛かりませんが、

周りからの目を非常に気にすることで、

自分が失礼なことをしているという認識を

無意識で行ってしまう事が考えられるのです。

 

日本人は、自分が行った行為が、

周りの人に迷惑をかけていないかどうかを判断することが、

非常に多いという事の表れともいえるでしょう。

ノーメイクや咳1つの行為だけで、

決して周りの人には迷惑をかけてはいないのですが、

周りの人が不快な思いをしてしまったらどうしようという不安感

マスクをさせる要因にもなっています。

 

不安感や恥という概念は自分に対する恐怖感と直結しますから、

マスクで顔を隠す行為は、

恐怖感から離脱したいという心の現れとも考えられるのです。

スポンサードリク

 

 

知られざるマスク依存症の理由と症状!夏も着けるのは自己防衛?

春や冬でもないのに、

マスクをしている方を多く見かけることもあるでしょう。

夏なのにマスク?暑くないのか?とさえも思ってしまいます。

マスクをしている方は、そのあたりの事は気にはしていません。

マスクをすることで、自己防衛をしていると考えた方が、

わかりやすいです。

 

花粉症や風邪などの予防などでマスクをするのとは違って、

マスクをしている方は日本人の持つ空気感を、

敏感に感じる方が多いのが特徴的なのです。

要するに、本音と建て前をマスクをすることによって、

自己防衛しているという事になります。

 

マスクをしている事で、本音を隠すことが

手段の1つになっています。

マスクをしている事で、相手と話す場合でも、

表情が読み取れないことから本音を隠すことが出来るわけです。

 

しかし、マスクを外してしまうと、

急激に周囲の環境に敏感になってしまい、

自分の姿が他人を不快にしていないのか、

他人の視線などが気になる傾向になります。

なかには、心拍数の上昇や発汗などのストレス的な症状を、

訴える方が多くなるのです。

 

マスクをしていないと、自分の心が他人に読まれてしまうのでは?

という不安が生じそれが進むと恐怖に変わっていくのです。

マスクをしていないと、自己を保てないという事になります。

 

簡単にいうと、これがマスク依存症というわけです。

マスク依存症については、

厳しい社会で精神的に強く振舞えない方が多くなりやすく、

自己表現が苦手な方にもみられる症状になります。

 

一時期、私の友人も年がら年中マスクをしていましたが、

いつの間にかマスクをしなくなっていました。

一時は、精神的に追い込まれている感がしていましたが、

それを脱してからは、マスクはしなくなったので、

自分で何とかしたのだろうと思っています。

自己解決能力が向上したと思いたいです。

 

 

まとめ

マスクで顔を隠すのには日本人の気質があることや

マスク依存症について紹介してきました。

恥ずかしいことは失礼に当たるという恐怖感が、

多くの方々にマスクをさせることになるわけです。

 

もし、自分の周りの大切な人が年中マスクをし始めたら、

少しだけ気にかけて話してみると良いかもしれません。

それが単なる顔の肌荒れや、

スッピンを隠していたりした場合でも、

笑顔で優しく声を掛けられたら素敵だと思います。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!