ゴキブリに悩まされ研究し尽くした私の対策!おすすめ退治法3選!

暮らし

スポンサードリク






家に出ると嫌な虫…

黒いアイツといえば…

そう、ゴキブリです。

 

「G」なんて言われたりもしてますよね。

ゴキブリは苦手な方も多いのではないでしょうか。

私も家でゴキブリを見つけたらすぐに家族を連れてきて

退治してもらったり…

一人暮らしを始めてからもゴキブリは怖いまんまで、

わざわざ友達に家まで来てもらって倒してもらっていました(笑)

 

そんなゴキブリ、出る時期は夏だけ!と、思いますよね。

確かに、家でゴキブリを見かけるのっていつも夏かも…?

実は、ゴキブリが出るのは一年中なんです‼

秋や冬など寒い時期は卵や幼虫の姿でじっとしているので

私たちは気付かないだけ…

もしかしたら家の見えないどこかにいるのかもしれません。

 

春になると卵も幼虫になり、気温が20℃を超えると動きも活発に。

想像するとぞっとしますね。

そして夏になり、気温が25℃を超えると成虫が元気に動き出します。

そしてゴキブリの繁殖も一番頻繁な時期。

なので夏になる前にゴキブリの対策をしておくことが大事です‼

 

暖かくなる前の予防方法や、実際にゴキブリが出た時の対処など…

おすすめのゴキブリ対策をご紹介しますので、

ぜひ、夏が来る前に準備しておきましょう‼

 

家にゴキブリが出たら?駆除や退治のおすすめ方法と注意点を解説!

スポンサードリク

家でゴキブリを見つけても、どうやって対処すれば…

となりますよね。

勇気を出してスリッパで叩きにいっても逃げられてしまったり。

すばしっこく洗濯機や冷蔵庫の裏にまわられてしまうと

どうしようもありません。

 

ゴキブリを叩くときは見つからないように

後ろからこっそり近づく方が多いのではないでしょうか。

実はこれ、逆効果なんです。

ゴキブリは音や振動をお尻で感じてるので

後ろから近づくのはバレバレなんですよ。

 

また、ゴキブリは後ろ歩きができないので何があっても前に進んできます。

ゴキブリは目が悪くて見えていませんし、正面から倒しにいきましょう!(笑)

叩いて処理した場合は、潰れたゴキブリから卵が出てくることもあるので

ちゃんと拭いて消毒してくだいね。

 

次に、ゴキブリを叩くのは怖くてできない…

という方におすすめの方法をご紹介します。

・熱湯をかける
・洗剤をかける
・掃除機で吸う

熱湯をかける方法は失敗しませんし効果抜群です!

欠点はお湯を沸かすのに時間がかかることですね。

沸騰の早い電気ケトルがある方はぜひやってみてください。

 

洗剤をかける方法も効果抜群です。

洗剤などのドロドロした液体をかけられると、

ゴキブリは呼吸するための穴が塞がれてしまって窒息してしまいます。

スプレータイプの洗剤でしたら

動きの速いゴキブリにも命中しやすいですよ!

スポンサードリク

 

そして、掃除機で吸う方法も手っ取り早くて簡単ですね。

ただ、熱湯をかけたり洗剤をかけたりするのとは違う点があり…

掃除機で吸っただけではゴキブリはまだ掃除機の中で生きています。

なので、そのまま捨てられるゴミパックでしたら

しっかり封をして出てこられないようにして捨ててしまいましょう。

捨てられないタイプでしたら、

中に殺虫剤などを吹きかけてから処理してくださいね!

 

ところで、ゴキブリに対処する方法はばっちりでも

そもそも家にゴキブリが出ないようにしたいですよね…

ゴキブリが家に発生する原因はやはり、

「ゴキブリが外から入れる隙間があること」

です。

エアコンのホースや水道のパイプ付近など、

ゴキブリの通路になりそうな隙間って結構あるんです。

換気扇には専用のネットをかけたりして、

塞げる穴は徹底的になくしちゃいましょう!

 

でも、隙間全部をなくすなんて現実的に難しいですよね。

そこで大切なのはやはり「掃除」です。

基本中の基本に思えますが、家が綺麗に掃除されていれば

ゴキブリは住み着きません。

 

洗濯機や冷蔵庫の裏や置きっぱなしの段ボールなど…

ゴキブリが住みやすそうな場所は特に念入りな掃除が必要です。

また、ゴキブリは雑食性で何でも食べるので

キッチンの生ごみなんかは早めに捨てましょうね。

夏が来る前にしっかり確認して予防しましょう!

 

 

ゴキブリ対策のまさか?猫がいる家ではなぜか発生が減少している?

「猫を飼っている家ではゴキブリが出ない」

都市伝説のようなこの話聞いたことありますか?

実は猫は本能的に虫のような小さい動く生き物を

狩ろうとする習性があるようです。

 

猫を飼ってる方は、猫が捕まえた虫を見せにきて

驚いた経験などあるのではないでしょうか。

実際のところ猫がゴキブリを食べている可能性もあるようです。

汚い場所に生息することで知られるゴキブリを

大切な猫ちゃんが食べてるかもしれないなんて心配ですよね。

 

しかし、もしゴキブリを食べていたとしても

健康に害があることは少ないようです。

それでも、ホウ酸団子など毒性が強い駆除剤を食べたゴキブリを

猫が食べると体調不良になることも…

その他にもゴキブリホイホイなど、

置きっぱなしにするタイプの駆除剤は猫ちゃんが触ったり食べたりする

危険性があるので使わない方がいいですね。

 

 

まとめ

ゴキブリの予防方法や実際にゴキブリが出た場合の対策を

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

紹介した方法は駆除剤を使わないものもありますので、

ペットを飼ってる方や小さいお子さんがいる方は

ぜひ試してくださいね。

夏に備えて今から対策しておきましょう!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!