驚異の段ボールのリサイクル率を紹介!よく見る表示マークの意味は?

レビュー

スポンサードリク






みなさんのおうちでは段ボールが溜まっていたりしませんか?

ネットショッピングで注文すれば

ほとんど段ボールに包装されて届きますし、

知らず知らずのうちに押し入れの一角が

段ボール置き場になっていたり。

引っ越し直後の時なんかは特に家が段ボールまみれになりますよね。

 

段ボールで案外困るのが処分方法です。

可燃ごみとして捨てるわけにもいかないし、

だからといって家にずっと置いておくわけにもなあ…

となりますよね。

 

私も引っ越しした時は溜まりに溜まった段ボール

をどうすればいいかでかなり悩んでいました。

以前に住んでいたマンションでは、敷地内にあるごみ捨て場に

段ボール用の専用スペースがあったので

そこに置いておけば業者さんが回収してくれていたのですが…。

引っ越してきたマンションのごみ捨て場は段ボールNGだったので

どうしよう!と思って必死に調べました(笑)

 

今回はちゃんと捨てたいのにいまいち廃棄方法が分かりにくい

段ボールの処分の仕方をご紹介しますので

ぜひ最後まで読んでください!

 

 

段ボールのリサイクル率が凄い!回収後はまた段ボールになります!

スポンサードリク

そんな段ボールのちょっと驚くデータを紹介させて頂きます。

 

まず、資源ごみとしてリサイクルされていることは

ご存知だと思います。

その回収率はなんと、95%!

新しい段ボールの原料のうち、

約90%が古い段ボールをリサイクルしたものだそうです。

 

どのような流れで回収工程が進んで、

また私たちの手元に来るのか調べてみました。

・使用済み段ボールを回収する
・回収した古い段ボールから段ボール原紙をつくる
・段ボール原紙を工場で加工し、段ボール箱に組み立てる
・生活で利用される
・使用済み段ボールをリサイクルに出す

これら5つのサイクルが繰り返されています。

最近はネットショップの利用者が増え、

段ボールの生産量がどんどん増え続けているんだとか。

段ボールは正しく廃棄してリサイクルしないといけませんね。

 

 

段ボールでよく見るリサイクルマークとは?世界共通の意味があった!

一度は段ボールのリサイクルマークを

見たことがあるのではないでしょうか。

段ボールのイラストを矢印でぐるっと

周りを囲んでいるあれです(笑)

その下には

「ダンボール」または「ダンボールはリサイクル」

と書いてありますよね。

 

あのリサイクルマークの正式な名前は

「ダンボール製容器包装リサイクルマーク」

です。

意味は単純で、

「そのマークがついている段ボールはリサイクルできますよ」

ということを示しています。

このマークは世界共通だそうですよ!

 

さて、リサイクルできる段ボールは

どう捨てればよいのでしょうか。

一番最初にしなければならないことは、

スポンサードリク

住んでいる自治体のルールを調べること!

資源ゴミを捨てる時は必ず紐で結ばないといけないなど、

自治体によって資源ゴミを回収する日や

回収するときのルールが違ってきます。

公式サイトで調べてみたり、役所に問い合わせたりして

確認してみてくださいね。

 

 

正しく簡単なダンボールの処分方法4選!持ち込みで買取もしてくれる?

それでは、段ボールの廃棄法をいくつか紹介しますね。

読んでみて、いいかも!と思ったらぜひ試してみてください。

 

自治体の集積所で捨てる

これが一番一般的な方法ですね。

みなさんはお住まいの地域の集積所は知っていますか?

私の地域では近くの公園に集積所があります。

自治体によって回収する日が決まっているので、

それに合わせて持っていきましょう!

ただし、汚れがついた段ボールはリサイクルできないので

小さく切ってから可燃ごみと一緒に捨ててくださいね。

 

不用品回収業者に頼む

段ボールが多すぎて集積所に持っていけない…

という方におすすめ!

不用品回収業者に頼めば家まで取りに来てくれるので

家から出る必要もありません。

 

ただ、その分費用がかかってしまうので

本当にまとまった量を処分したいときに

利用するのがいいかと思います。

あまりに少量だと回収してくれない場合もあるので、

どのくらいの量から回収してもらえるのか

事前に調べておきましょう。

 

また、稀に自治体の許可を得ずに

営業している業者がいるようなので、

「一般廃棄物処理業」の資格を保有しているか、

確認してくださいね。

 

段ボール買取業者に頼む

不用品回収業者との大きな違いは

いらない段ボールを「買い取ってくれる」ということです。

相場は、時期や地域によって変わるので

決まっているわけではありません。

持ち込みに行く前に一度問い合わせてみましょう。

 

また、業者によっても買い取り価格にかなり差が出るので

いくつか比較して決めるのもいいと思います。

段ボールだけでなく、雑誌や新聞など古紙もまとめて

買い取りしてもらえるようですよ。

 

段ボール回収サービスを利用する

よく行くスーパーなどに回収ボックスがついていませんか?

セブン&アイ・ホールディングスやイオンなど

大手の系列店舗ではよく見かけますよね。

 

段ボールだけでなく

「雑誌 , 新聞 , 牛乳パック , アルミ缶 , 古着」

なども取り扱ってくれます。

 

私もこの回収サービスをよく利用していて、

普段買い物に行くついでにまとめて捨てています。

集積所だと捨てに行ける日や時間が決まっていますが

スーパーに併設されてる回収ボックスなら営業時間中に

いつでも捨てに行けるのでとても便利です!

 

 

まとめ

段ボールはリサイクル率のとても高い資源ゴミです。

買い取ってくれる業者や取りに来てくれる業者など

処分方法はたくさんあります。

回収ボックスは案外身近にあったりするので、

家に段ボールが山積みになってる方は

気になった方法でちゃんと捨ててリサイクルしましょう!

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!