毎日の洗濯物を夜に外干しってアリ!? 夜派にした私の時間活用術!

暮らし

スポンサードリク






家事の中でほとんどの方が毎日やっている洗濯。

お天気の良い日はできれば外に干したいですよね。

ですが、早くに仕事に行く場合や用事がある時、

洗濯物を朝から干すのは結構大変ですよね。

急いでやれば10分で終わる!

と思っても朝の10分は貴重です。

そんな時、夜から外に干してもいいかな?

と考えたことありませんか?

 

今回はそんな夜からの外干しのメリットや

デメリットをご紹介します。

毎日忙しく洗濯が大変な方、必見です!

 

 

洗濯物の夜に外干しする方法や手順!旦那も家事に協力させて時短を!

スポンサードリク

一般的に余裕がある場合、洗濯は朝に回し、

天気が良ければ外に干す、これが理想ですよね。

ただ仕事が忙しかったり、

子育て中でお子様が寝ている時しか

ゆっくりと家事ができない方もいると思います。

 

実は私も子供が幼児の頃から仕事をしており、

毎日育児と仕事に追われ、

家事が思うように進まないことがありました。

できれば朝にやりたい洗濯も、

子供を起こしご飯を食べさせ、着替えをさせて…と。

やることが多すぎて洗濯機を回したはいいものの

干せずに出勤し、帰ってから洗い直しなんてことも…。

 

このバタバタの朝をなんとかできないかと考え、

夜に洗濯してから外干しに変えました。

夜から干すのってどうなんだろうと思いましたが、

とりあえずやってみて問題なければ

その方が楽だと思ったので試してみたのです。

その中で試行錯誤を重ねて編み出した手順を紹介します。

▼私の洗濯物の夜に外干し方法
まず家に帰ってお風呂に入ったら、すぐに洗濯機を回します。
そうすると保育園で汚れた服や自分の服もその日のうちに綺麗に♪
回している間に夜ご飯を食べてしまいます。

夜ご飯の後、子供が少し機嫌良く遊べていれば、その間に干して、
すぐ寝てしまう日には、寝かしつけの間に夫に頼むか、
子供が寝た後にちゃちゃっと干してしまいます。

この方法に変えたところ、朝がかなり楽になりました!

もちろん夜干す時には、子供の都合ですぐに干せないことも多く、

洗濯機の中に1〜2時間洗ったものが

入りっぱなしなこともありましたが、

朝、忙しくてイライラするよりはマシ!と考えました。

これは私がズボラだから許せたのかもしれませんが

子供にイライラしたくない、というお母さんにはオススメですよ。

スポンサードリク

 

 

洗濯物の夜の外干しは部屋干しより臭いがない?メリットとデメリット!

ご紹介した通り、夜の外干しを始めた我が家でしたが、

実践してみて数週間経ちますと、

いくつかのメリットデメリットが見えてきました。

 

▼メリット

・朝の時間の有効活用

先程書いたように、忙しい朝はかなり楽になりました。

子供と向き合う時間が取れるため、

支度もスムーズになりイライラも減りました!


・嫌な匂いがつかない

これは夜の外干しの前に部屋干ししていたのですが、

部屋干しだとどうしても匂いが気になることがあります。

季節によってですが、部屋干しより乾きやすく

匂いもつきません。


・日に焼けない

暑い夏は日中外干ししていると

服が日焼けし変色することもあります。

夜だと日に当たらないので、変色を防げます。

ただ、夏は朝取り込むのを忘れないようにしましょう。


 

▼デメリット

・急な雨に対応できない

夜、寝ている間に雨が降ることがあります。

天気予報を見ても雨予報じゃなかったのに降ってしまい、

残念ながら洗い直しになることも…。

干す前に必ず天気を調べることをオススメします。


・乾きにくい

やはり日中に比べ温度は低く、湿度も高くなることが多いので、

夜干しても朝までに乾かないことも多くあります。

夏だとほとんど乾いていますが、

その他の季節は夜に干して次の日の夕方に帰宅してから

取り込むこともしょっちゅうです。

長時間干しっぱなしはあまり防犯面でも良くないですよね。

気になる方は朝になったら乾いていないものを

室内干しにしてください。


 

まとめ

今回は洗濯を夜に行ってそのまま外干しをすることについて、

ご紹介しました。

参考になりましたでしょうか。

 

ご家庭によって生活スタイルは様々です。

洗濯物ひとつでも「普通」に捉われず、

自分に合ったやり方や時間の使い方でストレスがかなり減り、

楽に生活できるようになることもあります。

是非、難しく考えずチャレンジしてみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!