美文字が得するのはどうして?トレーニングで効果を感じた書くコツ!

暮らし

スポンサードリク






綺麗で丁寧な文字を書ける人は、憧れますよね。

パソコンやスマホが中心の世の中になってはいますが、

まだまだ文字を書く場面は多いです。

たとえば、結婚式や仕事のサインなどが考えられます。

手書きの文字はその人を表すこともあり、

手紙などではあえて手書きを好む人もいるようです。

 

そもそも、美文字に憧れるのは、どうしてでしょうか?

美文字で、ちょっと嬉しいことがあるなら、

今からでも練習してみたくなりませんか?

「今さら文字の練習をしても仕方ない。」

「美文字で得しても、やっぱりパソコンやスマホが主流だ。」

諦める前に、ちょっと始めてみましょう。

誰でも美しい文字は夢ではありません!

 

 

美文字が得する理由の4つ!綺麗に書くことがその人の印象に繋がる!

スポンサードリク

美文字とは、美しい文字のことですよね。

美しい文字は受け取った人の心を和ませてくれたり、

受け取った人を喜ばせたりすることができます。

美文字を書けることで、どのような得をするのか、

4つの観点から見ていきましょう。

 

理由1:文字の与える印象がそのままその人の印象になる!

1つめは「文字がその人の印象になる」ことです。

美しい文字を見ると、どのような印象を受けますか?

多くの人は、美文字を見ると、

・しっかりしている人

・一つ一つが丁寧にできる人

・しつけが十分にされている人

・頭の良い人

といったイメージを持つようです。

 

少なくとも、悪いイメージを持つ人はいないと思います。

文字への印象は、書き手そのものに対する印象だといえます。

もちろん人は第一印象ですべてが決まるわけではありません。

でも第一印象が良ければ、それからの付き合いも

きっと上手くいくはずです。

 

理由2:文字を書く仕事の依頼が舞い込んでくる!

2つめは「文字を書く仕事の依頼が増える」ことです。

仕事の種類にもよりますが、

文字を書く機会は多かれ少なかれありますよね。

普段はパソコンのみの仕事であっても、

・職場のご祝儀で名前を書く

・賞状の名前を入れる

・手書きで書類に補足する

といった場面があると思います。

 

文字を書く専門の人がいれば別ですが、

字の綺麗な人にお願いすることもあります。

字が綺麗であれば、普段とは違う仕事が

舞い込んでくる可能性があるのです。

なかには、なかなかできない貴重な仕事であることも。

 

例えば、以前の職場に字の綺麗な方がいらっしゃいました。

その職場では同僚に慶弔事があると、

皆でささやかに祝儀や香典を包むのですが、

その袋への表書きなどはいつもその方が頼まれていました。

ある日も上司の親族の方の弔辞があり、職場で香典を包んだ後日、

その上司の奥様が字の綺麗さに凄く感激されたそうで、

その方に特別にお菓子も添えてお返しされていました。

どんなに小さなチャンスでも、逃すのはもったいないですよね。

 

理由3:文字を見て信頼関係が生まれる!

3つめは「手書きの文字を介して信頼関係が生まれる」ことです。

仕事においてもパソコンが主流になり、

手書きはほとんどないかもしれません。

でも、書類のほんの一部に文字を書く機会があると思います。

それは上司や同僚に対することや、

取引相手に対しても考えられます。

 

その書類が、綺麗な文字で書かれていれば、好印象ですよね。

“この人はきっちり仕事をする人”というイメージが生まれ、

それが信頼関係の構築につながります。

プラスのイメージを抱いてもらえると、

仕事もよりスムーズに進んでいく可能性がありますよ。

 

理由4:物事が正しく伝わる!

4つめは「美文字によって物事が正しく伝わる」ことです。

これは美文字に限らず、文字を丁寧に書くことにも関わります。

美しくて丁寧な文字は、相手に誤解されることなく、

内容を理解してもらいやすいと思います。

自分では正しく書いているつもりでも、

曖昧な文字だとどうでしょうか?

自分の伝えたかった内容と、相手が受け取った理解とに、

スポンサードリク

差が生じるかもしれません。

そうなると誤解を解く必要が出てきてしまいますよね。

特にカタカナや数字などでよく見られるようです。

スムーズな情報伝達は、ストレスフリーな行動につながります。

 

 

美文字の書き方のコツは練習のみ?習字の先生伝授のポイント5点!

美文字を書くことで、4つの得する理由がありました。

4つも得するのなら、少しでも美文字に近づけたくなりますよね。

すぐに美文字になることは難しくても、

ちょっとした心がけで劇的に変わりますよ!

コツは、以下が挙げられます。

・右上がりを意識する
・止め、ハネ、はらいを正しく書く
・「目」や「田」のように、中が区切られる文字は等間隔にする
・漢字は大きめ、ひらがなは小さめに書く
・文字が一筆書きの流れになるように意識する

私は、小・中学校の冬休みの課題で、硬筆が毎年問題でした。

どんなにお手本通りに書いても、ついつい癖が出てしまうのです。

悩んでいたときに、通っていた習字教室の先生から

アドバイスを受けました。

そのアドバイスが、先に示したコツです。

実際に取り入れてみると、本当に変わりました!

初めは「それだけで変わったら苦労しないよ…」、

と思っていましたが、やってみて本当に良かったと感じます。

ほんのちょっと意識するだけで、変わるはずです。

 

 

美文字の練習方法のおすすめは?綺麗に書くにはお手本よりも講座が良い?

美文字が得する理由、美文字を書くコツをお伝えしてきました。

最後に、美文字を書けるようになる練習方法をお教えします。

 

それはやはり何度も書くこと!繰り返しです!

「そんなの当たり前だ!」と思った方、

実は使う道具に秘密があるんです。

 

それはノート!

中でも、小学校でひらがなの練習に用いたような

線の入ったノートがおすすめ。

文字のバランスを掴みやすくなりますよ。

 

そして、美文字を練習する際には、お手本が必要です。

書店で買える専用本、通信講座、ネットからのダウンロードなど。

実は、100円ショップにも美文字練習の教材があるのです。

自分が目指す美文字に合ったお手本を見つけてください。

 

より短期間に美文字を習得したい場合は、

自分の癖を指摘してもらうのがおすすめです。

通信講座や習字教室でプロから指導してもらうと、

相手に癖を見極めてもらうことで上達が速くなります。

 

趣味として始めるきっかけにもなりますね。

私も始めは美文字のために、

両親から半ば強制的に通わされた習字教室でした。

一方で、確実に文字が上達していくのがわかり嬉しくなりました。

最初のうちは同じことの繰り返しで、

モチベーションも下がり飽きてしまうこともありました。

でも、一度習得した美文字は、あなたの一生の強みになりますよ。

 

 

まとめ

美文字は、やっぱり誰もが憧れる理由が分かってきました。

ただ憧れるだけでは、もったいないです。

誰もが美文字を書けるようになる力を持っています。

 

すぐに美文字を書くことは、確かに難しいかもしれません。

でも、自分の文字に美文字のコツをほんの少し取り入れるだけで、

劇的に変わるのです。

美文字の練習を気が向いたときに続けるだけで、

書けるようになるのです。

 

私も、習字に通い始めたことを心から良かったと感じています。

美文字はまだまだ習得途中ですが、仕事の幅も広がりました。

美文字を始めるのに遅いということはありません。

是非、美文字の世界に飛び込んでみてください。

可能性が広がりますよ。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!