アイス食べたい病が発症する5つの理由!変わり種フレーバー5選も!

暮らし

スポンサードリク






暖かい季節は特に、アイスがますます食べたくなる季節ですね。

みなさんは、どんなときにアイスが食べたくなりますか?

暑いときはもちろん、冬にも食べる人も多いようです。

 

私もアイスが大好きで、お店に行くとついつい買ってしまいます。

箱で何種類もストックしてしまうくらいです。

次々と新しいアイスが発売されて、飽きることはありません。

新製品を見つけるのが、趣味でもあります。

 

アイス好きだからこそ、

「どうしてアイスが食べたくなるのだろうか?」

とふと疑問に思いました。

アイスが食べたくなる理由には、意外なものもあるようです。

アイスをついつい食べてしまうみなさんも、

きっと当てはまる理由があるかもしれません。

食べたくなる理由を知って、さらにアイスを楽しみましょう!

そして、アイス好きな私が勝手におすすめする

珍しいフレーバーも、ご紹介します。

 

 

アイスが突然食べたくなるのは病気?ほぼ毎日食べる私が調べた理由の5つ!

スポンサードリク

アイスを欲してしまう理由をお伝えします。

なるほど!と思う理由も、あるかもしれません。

無意識にアイスに手が伸びている理由は、ここにあったのですね。

5つのポイントから見てみましょう。

 

理由1:暑さからの解放!

1つめは、暑さで身体を冷やしたいと考えるからです。

暑い時にクーラーを低温・急速でつければ、どんどん冷えます。

でも、環境にも身体にもあまり良くはないですよね。

しかも、炎天下で作業をしているときは、クーラーはありません。

そんなとき、身体を内部から冷やしたくなり、アイスを欲します。

夏はミルク分の多いアイスだけでなく、氷系のアイスもあって、

身体を冷やすことができます。

暑さで火照った身体に、冷たいアイスは本当に美味しく感じますよね。

 

理由2:濃い味の食事のあとのさっぱりした締め!

2つめは、食事の締めにさっぱりしたものが食べたくなること。

たとえば、焼肉やイタリアン、お好み焼き。

脂分の多い食事や、味付けの濃い食事などの後、

さっぱりしたくなりませんか?

そのような食事を提供するお店では、

デザートにアイスが用意されていることも多いです。

いろいろなデザートが用意されていたとき、

アイスを選びたくなりますよね。

私の体験談ですが、脂っこい料理を食べ放題で楽しんだ後、

大きめのアイスを注文しました。

最初は美味しく食べていたのですが、途中からギブアップ…。

デザートにアイスはつきものではありますが、

ほどほどにしておきましょう。

 

理由3:他のデザートより種類が豊富!選べて楽しい!

3つめは、他のデザートに比べて種類が多いことです。

ケーキやプリン、シュークリームなどなど、

美味しいスイーツはたくさんありますよね。

でも、味のバリエーションではアイスに敵いません。

アイスは果物や野菜、しょっぱいものなど、

どんな食材も美味しくしてしまいます。

お店に行くと毎回新しいフレーバーが見つかり、

珍しいものにも出会うはずです。

なかには、ケーキや和菓子がアイスになったものもあり、

新感覚のデザートとしても楽しめます。

 

理由4:比較的値段も安く手に入れられるデザート!

4つめは、比較的安価に食べられるデザートだからです。

デザートも選ぶものによって価格に差がありますが、

中でもアイスは比較的安価といえます。

70円くらいから、100円~200円ほどのものが多くありますよね。

高級なアイスでも、500円出せばお釣りがくるほどです。

デザートが食べたいと思ってお店に入り、

ついついアイスコーナーに足が向いてしまうことも。

それは、ちょっとしたデザートにちょうど良い価格帯だからです。

 

理由5:甘いものでストレス発散!

5つめは、ストレス発散です。

イライラしてしまうときや、疲れたとき、

甘いものを欲することはありませんか?

身体がエネルギー源となる糖分を求めている証拠です。

甘いものを食べることで、脳にも糖分が行き渡り、

スポンサードリク

幸せな気持ちになると思います。

甘いものを食べて気分転換をすることが、

ストレス発散にもつながるのです。

仕事終わりや夜に、アイスを食べたくなるのは、

ストレス発散をしたくなるからかもしれません。

 

 

アイス通でもある私がおすすめ!変わり種フレーバーの珍しい5種類!

アイスをついつい食べたくなる理由を5つご紹介しました。

理由の3つめで、他のスイーツよりも

種類が豊富であることをお伝えしましたね。

 

私は新商品や今までに食べたことのない種類を見つけると、

必ず試してみます。

新しい商品に出会うと食べないわけにはいかず、

アイス好きの血が騒ぎます!

ここではそんな珍しい種類のフレーバーを紹介します。

皆様も是非試してみてください。

 

◇トマト

野菜とアイスの組み合わせです。

トマトで地産地消を勧めている地区の文化施設で出会いました。

どんな味なのだろうか?と、イメージが湧きませんでしたが、

一口食べてみたら、トマトの酸味がミルクアイスとちょうどよく、

違和感なく合わさっていました。

普通のアイスよりも、さっぱり爽やかです。

塩をちょっとかけてみると、味がまろやかになります。

 

◇とうもろこし

トマトに続き、野菜とアイスです。

アイスでも野菜味を選んでみると、

ヘルシーで身体に良いことをした気になるのですよね(笑)。

とうもろこしアイスは、物産展で初めて食べました。

最近ではスーパーでも目にすることがあります。

コーンスープがあるように、

とうもろこしとミルクはとても相性が良いです。

ほんのり甘くて香ばしく感じ、やみつきになってしまいます。

 

◇ラベンダー

花もアイスになってしまうのですね!

ラベンダーアイスは、旅行先でいただきました。

食べてみると色も味も、とにかくラベンダー一色です。

ラベンダーの香りがふわっと鼻から抜けて、リラックスできました。

ハーブがアイスになるのも、たとえばチョコミントがあるように、

もっと浸透しても良い気がします。

 

◇ピスタチオ

ナッツとアイスは、絶妙なバランスがおすすめです。

新しくオープンしたジェラート店で見つけて頂きました。

ナッツ特有の脂っこさが、アイスにぴったり合いますよ。

最近では、スーパーやコンビニで売っている商品でも、

ピスタチオ味のアイスも徐々に出てきました。

見つけたら、是非食べてみてください。

 

◇お米

お米のアイスは、いかがでしょうか?

米どころの観光スポットなどで、

地元のお米を使ったアイスを提供しているところも増えています。

お米の種類によって風味が微妙に違いますので、

土地ごとにその差を楽しむのもおすすめです。

お米のつぶつぶ食感も残っていて、食感も楽しめると思います。

お米が加わると、アイスはより滑らかになるような気がします。

 

 

まとめ

アイスを食べたくなるのには、さまざまな理由があるようです。

味によっては違うデザートを食べている感覚にもなりますよね。

季節のおすすめフレーバーが出てくるので、

アイスコーナーに行くのが楽しくなると思います。

 

5月9日はアイスの日でもあり、

無料でアイスを配るイベントもされているようです。

アイスがもっともっと普及するのは、

アイス仲間が増えていく機会でもあり、嬉しくなります!

 

アイスのフレーバーも日々進化しています。

色んなアイスを食べて、新発見やリフレッシュしてみませんか?

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!