旅行準備時の持ち物や荷物の考え方や減らす方法!海外旅行では必見!

趣味・イベント

スポンサードリク






みなさん海外旅行はお好きですか?

私は大好きです!

これまで訪れた国は、アメリカ、カナダ、ドイツ、カンボジア、韓国など。

 

しかし海外旅行って準備が大変ですよね。

特に行く直前になって何を持って行こうと焦ったり、

荷物が多すぎる!と焦ったりすることってないですか?

今回は海外旅行に行く際に持って行くべきものと、

荷物が多くなってしまったときの対処法をご紹介します。

 

 

旅行準備で持ち物や荷物のリストを作っておこう!薬は忘れず持とう!

スポンサードリク

さて、旅行当日。準備は万端、全部持ったはず!

ところが現地に着くと…「あれ、ない…忘れた…!?」

旅行の最初に忘れ物をすると、かなりテンションが下がります。

 

そうならないために、まずは旅行の1週間前にリストを作成しましょう。

リストといっても大げさなものではなく、スマホのメモ帳に記入をしておく、

それだけで大丈夫です。

実はこれがあるとないとでは大違い!

後からふと思い出すこともとあるため、

何か思い出したときにリストに追加しておけば、

旅行で慌てることもありません。

 

日本国内であれば忘れ物をしても大抵のものは調達できますが、

海外旅行ではそれが難しい場合もあります。

特に持って行っておくべきものは、薬!

薬は身体に合う、合わないもありますし、

旅行先の言語が得意であれば問題ありませんが、

そうでない場合現地で購入をするのはなかなか大変です。

これは必ず持って行っておきましょう。

私は薬を持って行っておらず、カンボジアで病院に連れていかれ、

おしりに注射を打たれるはめになりました(笑)

 

あとは現地でインターネットを使用したい場合は、

日本で事前にWi-fiをレンタルしておくことをおすすめします。

近年はカフェやホテルに行けばフリーWi-fiを使用できることが多いですが、

街中などを携帯のマップを使用して歩く場合などは、

持って行ったほうが良いでしょう。

これを持って行かず携帯の電波を使用した場合、

下手をすると目玉が飛び出そうなほどの金額を請求される場合があります。

(飛行機に乗った瞬間から日本に帰るまで、機内モードをおすすめします。)

 

 

旅行の持ち物がスーツケースに入らない?荷物を減らす前の私!

リストを作っていよいよパッキング!

入れてみると…入らない!?ものが多すぎる!

私は普段からかなりの荷物持ち。

レンガ入ってるの!?なんて言われ、

荷物が重いせいで腕に筋肉質にまでついてしまいました。

さらに女性はメイク道具もいるし、

余計荷物が多くなってしまいがちですよね。

 

初めてカンボジアに行った時は、飛行機に預けられる最大サイズの158cm、

100L程度のスーツケースを持って行き,

動きづらくて後悔をしたことがあります。

実はそれでもスーツケース内はパンパンだったのですが、

特に海外旅行はなるべく荷物少な目で行くことをおすすめします。

 

そんな1週間の旅行で、カンボジアに大きなスーツケースで行った私ですが、

今では1週間の旅行であれば機内に預けられるサイズで、

旅行に行くことができるようになりました。

きっかけは海外出張の際に同行させて頂く方が、

荷物を飛行機に預けるのが嫌な方で、

それを機にやむなく始めたことを教わったのです。

スポンサードリク

 

それ以降はその楽さに気づいてしまい、

今では飛行機では荷物を預けることがなくなりました。

では、100Lのスーツケースだった私が

機内持ち込みで海外に行けるようになったコツとは…?

 

 

旅行準備での荷物収納術!あるコツを掴んでコンパクトで少ない持ち物に?

それではご紹介しましょう!

まず、パッキングをする際の主なコツは2つです。

①そもそも荷物を少なくする
②入れ方を工夫する

どちらも当たり前に聞こえますが、意外とこれが難しい。

 

これを始めるためにはまず、スーツケース選びが重要になってきます。

まず、スーツケースにはハードとソフトがあります。

日本で主流なのはハード。

プラスチックやアルミのものがあります。

もう一つはソフト。こちらは布製で、海外で主流です。

 

日本ではハードが普及していますが、私は断然ソフト派です!

布製のため、ナイフで切られやすい、防犯性が…。

と言われることもありますが、

逆にハードは日本人のものと分かりやすいので、狙われやすくなります。

まずは防犯という意味で断然ソフト。

 

それから何よりもソフトの良いところは、表にポケットがついています。

これが荷物が多くなりがちな方には、

とっておきの秘密のポケットになってくれます。

私は表に2つポケットがあるものを選び、

「すぐに取り出したいもの」「小物」を分けて入れています。

この小物がメインスペースからなくなるだけでも、

意外とスペースが空いてくれます。

 

次に圧縮袋を活用します。

事前に「きれいなもの」「使用済み」用の袋を分けて置き、

服や下着を圧縮してしまいます。

2種類用意しておくことで、どちらも圧縮できます。

最近は100均でも圧縮袋を売っていますので、簡単に、安く手に入ります。

圧縮袋の威力は大きいです。

 

それでもスペースが足りない方。荷物を減らしましょう。

減らす順番は、服、下着類の順番です。

特にズボンなどであれば最悪2日は履けますので、

3日の旅行であれば3本持って行かなくても、2本あれば事足ります。

それから下着類。

下着類を減らして、代わりに洗濯洗剤を持って行きましょう。

逆にかさばるのでは…?と思われるかもしれませんが、

旅行用の小さい1回分ごとに分けたものも売っているので、

それを先ほどの小物用ポケットに入れてしまえば、

中のスペースは減ることはありません。

 

これだけすれば、よっぽど余計なものを持って行っていない限り、

スペースはかなり空くはずです。

その他、普段使うものはスーツースとは別で、

機内持ち込みのリュックに入れてしまいましょう。

これを活用すればさらに荷物が分散できてスペースが空きます。

 

帰りはお土産が増えますので、

エコバックのような畳めるバックを1つもっておけば、

スーツケースに入りきらないお土産も持って帰ることができます!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

まずはスーツケース選びから!

少し工夫をするだけで、旅行の荷物は減らせます。

動き回る旅行であればあるほど荷物は少ないほうが良いです。

上手に工夫をして、旅行を楽しみましょう!