ボールペンのインクが途切れるし出ない!お湯や輪ゴムを使う出し方!

暮らし

スポンサードリク






日常生活や職場に必ずあるのが、ボールペンです。

 

メモ書きから領収書まで、何にでも通用する筆記用具ですが、

スラスラ書ける物もあれば、インクはあるのにかすれてしまったり、

全く書けないという事もあります。

 

ボールペンのインクがかすれてしまったり、

インクが出なかったりしている状態で四苦八苦している時に限って、

電話が鳴ってメモ書きが必要な状態になったりしませんか?

 

ボールペンのインクがあるのにかすれたり、

出なかったりするのには何か原因があるのでしょうか?

原因がわからないまま放置したり、

インクが出ないからとゴミ箱にポイしたりする方もいるでしょう。

 

でも待ってください!

もしかすると、やり方次第ではボールペンが復活できるかもしれません。

今回はそんなインクがかすれる原因や解消法について、紹介します!

 

 

ボールペンのインク詰まりの原因!かすれるし途切れるのは分離?

スポンサードリク

ボールペンのインクがかすれてしまったり、

インクが出なかったりした場合、結構イライラしてしまいますよね。

 

スラスラ書けて当たり前のボールペンが書けない状態になると、

結構イライラしちゃうものです。

 

まずは簡単にボールペンの構造を知っておきましょう。

ボールペンの中側には、インクの入った筒と金属らしき先端が付いています。
先端の先に、物凄い小さいボールが付いています。
このボールと本体にはごくわずかな隙間が存在していて、
その隙間から重力の力を借りてインクを出す仕組みになっているのです。

 

それではなぜ、ボールペンのインクがかすれるたり、

インクが出なくなったりする事が起きるのでしょうか?

考えらえる原因は以下の4つです!

 

 

インクの中に空気が入り込んでしまう!

ボールペンは重力によってインクを下に落としているので、

横や水平方向よりも上を向く状態で書くことで、

インクが下がってしまって、かすんだり出なかったりします。

 

インクが固まってしまう!

ボールペンのボールの部分はごくわずかな隙間しかないために、

その部分のインクが固まってしまうと、

ボールが回ることが出来ずにインクが出なくなってしまいます。

 

ペン先にゴミが付着してインクの出が悪くなってしまう!

ボールペンのペン先はごくわずかな隙間しかなく、

そこにゴミやホコリが付着することで、

ボールが回ることを妨げてしまいます。

 

ボールペンの先端のボールがキズついている!

ボールペンを机の上に置いていて、何かの拍子に落とすこともよくあります。

この時に先端から落ちてしまうと、先端のボールにキズが出来てしまい、

ボールが回転できなくなってしまいます。

 

この場合はインクが入っていようが修理もできませんので、

違うものに交換という事になります。

 


この4点のうちのどれかではないでしょうか。

 

そして、この原因からわかることは、

ボールペンのペン先のボールが回ることができるかと、

インクに空気が入らないようにするかの2点になります。

スポンサードリク

 

これによって、多くの方がイライラしたり、

書けないと思ってゴミ箱にポイしてしまうのです。

 

 

ボールペンのインクの出し方!出ない時や詰まりはお湯や輪ゴムで!

原因がわかったところで、対処法があるかを知りたいはずです。

 

今までは対処法がわからずに、ゴミ箱行きかペン立てに眠ったままの状態に

なっていることが多いでしょう。

対処法がわかれば、ボールペンが復活する可能性が高くりますよね。

それでは紹介します!

 

ボールペンの中に空気が入ってしまった場合

空気がペン先から入り込んでしまって、中に空気の貯まりが出来てしまうと

インクが下に落ちなくなってしまいます。

この場合には、インクの中の空気がインクの上側に移動するよう、

圧力をかけなければなりません。

 

ボールペンの後ろ側に輪ゴムを取り付け、

ペン先に遠心力で圧力が掛かるようにグルグル回します。

ただ、中に入ってしまった空気はそうそう外側に出てこないので、

根気よく回し続ける必要があります。

 

ボールペンのペン先のインクが固まってしまった場合

インクが古くなってしまうと中の油分が飛んで固まってしまうので、

先端を温めることでインクが柔らかくなり、出るようになります。

 

人肌の温度でも十分柔らかくなるはずですが、

それでも出ない場合はお湯やライターなどで一瞬だけペン先を温めます。

 

但し、ライターを使用する場合には、ペン先が溶けてしまって

ボールペンが火に包まれる可能性があるので注意してください。

 

これは、私も経験がありまして、

飲みかけのコーヒーで消火した覚えがあります。

実践する場合は、キッチンシンクの中や水回りに近いところがいいでしょう。

ボールペンに火が付いた瞬間は確実にパニックになりますから、

冷静に対応してください。

 

ボールペンの先端がホコリなどで汚れている場合

インクが出る隙間にホコリやごみが入るとボールが回転しなくなるので、

ティッシュなどで先端を擦りホコリやごみを取り除きます。

 

これで出ない場合は、繊維の細かいスポンジなどで先端を擦ってください。

これによりティッシュの繊維では入り込めなかった隙間にも、入り込むことができます。

 

 

まとめ

ボールペンのインクがかすんだり、

出なかったりした場合の原因と対処法について紹介してきました。

 

これは、安い事務用ボールペンでも、

高級ブランドのボールペンでも起こりうることですから、

ある程度の対処法を知っておいて損はないはずです。

 

インクがあるのに、かすれたり、出なかったりしただけで

ゴミ箱行というのはちょっともったいない気がします。

 

「もうダメかな」と思われて捨てる前に、対処法を1度試してみてください。

お気に入りやまだインクの残っているボールペンが、

1本でも多く復活してくれれば、とても嬉しいです!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!