処置遅れは危険?髪の毛の表面がもわもわするのは痛みのサイン?

暮らし

スポンサードリク






女性にとって大切な髪の毛ですが、ふと気付くと髪の毛が傷んでいる?と

感じることはありませんか?

女性でいる以上、髪の毛はいつも綺麗にしておきたいですよね。

実はシャンプーコンディショナー、トリートメントなど、

気を遣っているつもりでも思わぬところにダメージの原因があったりします。

 

今回は髪の毛の痛む原因や、対処法などをご紹介します。

髪の悩みがある方は是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

髪の毛がもわもわする原因は何?単純にくせ毛だけじゃない!

スポンサードリク

まず髪の毛の表面がもわもわする場合には原因がいくつかあります。

 

1つは元々の髪質です。

生まれつき髪質にクセがあるタイプの方は、もわもわする方が多いようです。

そんな方は縮毛矯正やストレートパーマをすると、

スッキリサラサラになってとっても綺麗になります!

ただ縮毛矯正の場合、髪へのダメージが大きい施術となるので、

やる際は担当の美容師さんとよく相談してくださいね。

 

または、別の原因が髪へのダメージです。

もわもわで悩んでいる方のほとんどがこのダメージが原因です。

実は私も元々髪は傷んでいなかったのですが、

妊娠をし、自分にかける時間が減り、髪のケアを怠ったことで、

髪のもわもわを生まれて初めて実感しました。

髪を梳かす際に引っかかる感じや、髪の手触りが悪くなった感覚を覚え、

このままだといけない!と思いケアをしっかりと見直しました。

 

ではまず、どういったことが髪のダメージに繋がるのか、次の章でご紹介します。

 

 

髪の毛がダメージを受けたり痛む原因の5つ!ちゃんと全て知ってる?

髪がダメージを受ける原因自体はかなり多くあります。

ですが、今回は皆さんの身近で気をつけるべきことをいくつかご紹介します。


◆紫外線

よく聞くのが紫外線ですよね。

日中、何もケアをせず外に出ると紫外線によって髪はダメージを受けます。

外出の際には帽子をかぶる、日傘をさす、髪用のUVスプレーをするなど、

しっかり対策を行ってからにしましょう。

 

◆濡れたままにしてしまう

お風呂上がり、髪が長い方は特にドライヤーが面倒ですよね。

ですが、濡れたままにしてしまうと髪はダメージを受けます。

特に夏場のドライヤーは暑くて大変ですが、必ず早めに乾かしましょう。

乾かす際は、クシで梳かしながら乾かすのを忘れないでくださいね。

 

◆静電気

冬場に気になるのが静電気です。

スポンサードリク

静電気が起こるとキューティクルが剥がれ、傷みの原因になります。

静電気防止のコンディショナーが売られているので

気になる方は使用をオススメします!

 

◆ホコリ

意外とダメージの原因として知られていないのがホコリです。

直接髪に悪いという訳ではなく、ホコリによって髪が絡まりやすくなります。

適度に髪をブラッシングすることでホコリを落とし、清潔に保ちましょう。

 

◆ホームカラー

現在では、家で簡単に染められるカラー剤も多く出ています。

誰でも簡単に使える為、美容院のものより強い薬です。

少し高くついてしまいますが、毎回ホームカラーにせず

何回かに一回は美容院でのカラーに切り替えてみましょう。

また、どうしてもホームカラーがいい場合は、

根元だけ染めるなど工夫をしてみてください。


 

 

髪の毛の痛みやダメージのケア!シャンプー時の一手間で補修しよう!

ダメージの原因と簡単な対処法をご紹介しましたが、

なかなかそれだけでは髪がツヤツヤにならない!なんて方もいると思います。

では、髪の毛のホームケアの仕方をご紹介します。

1.髪をまず梳かし、ぬるま湯で2〜3分程しっかりすすぎます。
2.手のひらでシャンプーを泡だててから、頭へ。
  頭皮をよく洗ってください。
  (時間に余裕があればマッサージも)
3.シャンプーをよくすすぎます。
  地肌に残らないようしっかり流してください。
4.コンディショナーを髪全体につけます。
  頭皮にはつかないよう注意しましょう。
  数分おいたら流してください。
5.タオルドライをした後、洗い流さないトリートメントを塗り乾かします。
  乾いたら仕上げに数滴トリートメントをつけるのがオススメです。

意外と簡単ですよね!

いつもの洗い方などを、少し工夫するだけで髪はかなり変わってきます。

実際に私も、この方法を約一週間続けたところ、

手触りや見た目が大きく変わりました!

 

 

まとめ

今回はもわもわ髪の原因やホームケアについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

簡単なケアで髪は劇的に変わります!

忙しい毎日かとは思いますが、ぜひ取り入れてみてくださいね。

また、ドラッグストアなどでもトリートメント類はかなり多く売られています。

自分の好きな香りを探すのも楽しいですよ♪

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!